当社に20年以上務めたベテラン派遣社員が首になりました

ショック


中部地区は、自動車、航空宇宙産業の発展とともに我が国のモノ造り中枢圏域を形成してきた。

そして、この地域の多くの大手メーカーを20年以上支えた技術派遣会社T社がある。

私の勤め先で、20年以上働いているAさんもT社の社員である。
会社の設立当初から、前線のエンジニアとして活躍してきたAさんは、今では会社の幹部社員の一人だ。

今まで、当社に多くの優秀な部下を送り込み、無能な部下が去っていくのを見送ってきた。

ある日、Aさんは、当社(派遣先会社)の課長から会議室に呼び出された。

またか・・・。

いつものことである。開発の谷がくると、使えない自分の会社の部下の首を切りたいと相談がくる。

その日も軽い足取りでAさんは会議室に向かった。

「ガチャ」ドアを開くと、いつもと変わらない様子で課長が座っている。

Aさんが着席すると、課長は笑顔で世間話を始めた。

現在のプロジェクトの立ち上げ当初の話から始まり、そろそろブロジェクトも終焉を迎えようとしている、ことが告げられた。

Aさんは、「来た、来た」そろそろ首切りの話しか、と感じた。

そして、案の定、課長の口から首切りの話が出た。

課長 「で、Aさんもそろそろ当社の仕事を終了してほしい」
Aさん「・・・。えっ!?」

新入社員の頃から20年以上働いた派遣先から首を言い渡された。それを理解するのに少し時間が必要だった。

Aさんは重い足取りで自分の席に戻ると、いつもにはない暗い表情で、その日の仕事をこなした。


Aさんが今後どこで活躍されるかわからないが、彼の検討を心から祈りたい。

技術も高く、面倒見の良い彼に、よく飲みに連れて行ってもらったものだ。

上の連中は彼を可愛がり、下の連中は彼を慕った。

しかし、いつしか技術の高い彼は天狗となって、自分より劣る人を見下し始めた。
プロジェクトでの彼の発言力は大きく成り、周りは彼に気を使って意見を言えない様子だった。

気に入らない奴とは仕事をしないというスタンスを取るようになり、プロジェクトリーダーも頭を抱えた。自分より年上でベテランのAさんにリーダーは頭が上がらなくなっていた。

Aさんの天下が来たように感じ始めたある日、

彼は首を言い渡された。


いつもお世話になったAさんの話を聞いた私は、とても残念だったが、
今後、仕事がやり易くなると感じてしまった・・・。


その他の気になる情報はコチラ!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)