スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低コストインデックスファンド|信託報酬徹底比較!(2016年4月)

資料


近年、インデックスファンドの低コスト化が進行しており、今後、管理人も積立ファンドを変更することなどを考慮して、各資産クラスのインデックスファンドの信託報酬(税抜き)をリスト化しました。(2016年4月現在、管理人が積立、保有しているファンドには、運用会社へのリンクが付いています)

<*>コスト最安値のステート・ストリートは、ラップ口座用であることが判明したため、取り消し線を引きました。

■日本株式
ベンチマーク:TOPIX(配当込み)
ファンド名信託報酬 (%)
ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン0.180
ニッセイTOPIXインデックスファンド0.290
日本株式インデックスe0.370



■先進国株式
ベンチマーク:MSCI-KOKUSAI(配当込み、円換算、為替ヘッジなし)
ファンド名信託報酬 (%)
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン0.210
たわらノーロード 先進国株式0.225
ニッセイ外国株式インデックスファンド0.240
外国株式インデックスe0.500



■新興国株式
ベンチマーク:MSCI Emerging Markets (配当込み、円換算、為替ヘッジなし)
ファンド名信託報酬 (%)
ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン0.290
たわらノーロード 新興国株式0.495
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド0.560
野村インデックスファンド・新興国株式(愛称Funds-i新興国株式)0.600



■全海外株式
ベンチマーク:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円ベース)
ファンド名信託報酬 (%)
三井住友-三井住友・DC全海外株式インデックスファンド0.250



■日本債券
ベンチマーク:NOMURA-BPI総合
ファンド名信託報酬 (%)
ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン0.140
たわらノーロード 国内債券0.150
ニッセイ国内債券インデックスファンド0.150
三井住友・日本債券インデックス・ファンド0.160
SMT国内債券インデックス・オープン0.370
日本債券インデックスe0.370
野村日本債券インデックスファンド0.370



■先進国債券
ベンチマーク:シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算、為替ヘッジなし)
ファンド名信託報酬 (%)
ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン0.190
たわらノーロード 先進国債券0.200
ニッセイ外国債券インデックスファンド0.200
三井住友・DC外国債券インデックスファンド0.210
SMTグローバル債券インデックス・オープン0.500
外国債券インデックスe0.500



■新興国債券
ベンチマーク:JPモルガンGBI-EM(円換算、為替ヘッジなし)
ファンド名信託報酬 (%)
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)0.520
eMAXIS新興国債券インデックス0.600
SMT新興国債券インデックス・オープン0.600
野村インデックスファンド・新興国債券(愛称Funds-i新興国債券)0.600



■全世界国債
ベンチマーク:なし(為替ヘッジあり)
アクティブファンドですが、管理人が保有しているためリスト化しました。
ファンド名信託報酬 (%)
ひとくふう世界国債ファンド0.270



■国内リート
ベンチマーク:東証REIT指数(配当込み)
ファンド名信託報酬 (%)
たわらノーロード 国内リート0.300
ニッセイJリートインデックスファンド0.335
i-mizuho国内リートインデックス0.390
eMAXIS国内リートインデックス0.400
SMT J-REITインデックス・オープン0.400
野村インデックスファンド・J-REIT(愛称Funds-i J-REIT)0.400



■先進国リート
ベンチマーク:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算、為替ヘッジなし)
ファンド名信託報酬 (%)
たわらノーロード 先進国リート0.350
ニッセイグローバルリートインデックスファンド0.450
SMTグローバルREITインデックス・オープン0.550
野村インデックスファンド・外国REIT(愛称Funds-i外国REIT)0.550



■新興国REIT
ベンチマーク:S&P新興国REIT指数(配当込み、円換算、為替ヘッジなし)
ファンド名信託報酬 (%)
SMT新興国REITインデックス・オープン0.600
eMAXIS新興国リートインデックス0.600



今回ご紹介したリンク付きファンドを管理人はSBI証券で購入しています。
(以下の公式サイトから無料で口座開設可能)
SBI証券公式サイト
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。