近年ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールドの効果は急激に衰退している?

グラフなどの絵

ある特定の期間において、ドルコスト平均法を使って、バイ・アンド・ホールドした場合のメリットやデメリットを紹介したブログや本ってよく見かけますよね。平均取得単価の低下など、いろんなことがわかって、とても有益です。

でも、もう少し知りたいことがあります。

例えば、ある月から30年間インデックス投資をしたAさんが居たとします。
その翌月から30年間インデックス投資をしたBさんが居たとします。
また、その翌月から30年間インデックス投資をしたCさんが居たとします。
これが、D、E、F、G、H、I・・・・・と何十年も続いた場合、

 ・みんなプラスリターンを得られたのだろうか?
 ・傾向はどう変化していくのだろうか?
 ・その傾向からどういった未来が見えてくるのだろうか?

皆さんは気になりませんか?私は気になって仕方ありません(笑)
なので、検証してみました。


検証条件

投資対象: S&P500に連動するインデックスファンド

SP500長期

積立期間:25年間、毎月一定額積立
売却期間:25年後の5年間、毎月一定口数を売却(出口戦略)
検証期間:以下の437期間

投資期間

1950年1月~2016年4月まで30年間の組合せが1カ月ずらしで437期間
(イメージわかりますか?わからない場合はコメントいただければ詳しい図を追加します) 


検証結果


上図は参考です。下図が437期間のリターンの結果です。
SP50030年後リターン

グラフの見方:
縦軸はリターンです。1950年のリターンは200%になっています。
つまり、1950年から25年間毎月積立て、その後5年間毎月売却したリターンが200%という意味です。したがって、1986年5月でプロットは終了です。30年後は2016年4月現在ですから。

リターン:全期間で約2倍以上
最大のリターン:7.4倍
最大のリターン期間:1972年4月~1997年3月まで積立、2002年3月まで売却
(1999年までは、ずっと右肩上がりなので納得の結果ですよね。

最近の傾向:
最大リターンから急激に下落してますよね。これは1996年頃から始まる上昇と下落を繰り返すサイクルが原因です。


まとめ

検証結果を見ると、過去の偉人達がインデックス投資の優位性を主張するのが、よくわかります。1900年代に過去のデータを検証した場合、ドルコスト平均法でも一括投資でも数年間バイ・アンド・ホールドしておけばプラスリターンになります。

でも・・・
近年ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールドの効果は急激に衰退しています。
したがって、検証を20年、10年と縮めていくとマイナスリターンが発生する期間が出てきます。

私も他のインデックス投資家が言われるように未来の株価はわかりません。

でも・・・
1996年頃から始まる上昇と下落を繰り返すサイクルが今後も続いた場合、ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールド戦略は、今後も有効だと言えるでしょうか?

不良債権という時限爆弾は世界中に潜んでいます。
そのため、インデックス投資家は、未来の株価は右肩上がり、でも、株価が半分になることも考えておこうね、とアドバイスしてくれています。

それって、つまり「上昇と下落を繰り返すサイクル」がやってくることを想定しておこうということになりませんか?

次回は、「上昇と下落を繰り返すサイクル」が今後も訪れると仮定して、ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールド戦略は、今後も有効か考察したいと思います。

考察した記事:ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールドは株価の上下サイクルという悪魔に立ち向かえる手段なのか?

他のブロガーさんの気になる記事はコチラ!
関連記事

コメント

No title

>「上昇と下落を繰り返すサイクル」が今後も訪れると仮定して、ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールド戦略は、今後も有効か考察したいと思います。

これは楽しみです。
最近のおおきな上下動、利用できるものなのかどうか?

No title

私も楽しみです。(^^)
上昇と下落を繰り返すサイクル性をどう考えるかで
長期投資のスタンスも変わりそうですね。

No title

>セカンドライフ様
>小黒とら様

コメント有難うございました。

以下のようなサイクルを想定して計算しました。

リーマンショック超えの下落
その後、右肩上がりに回復
またその後、リーマンショック超えの下落
またまたその後、力ずよく右肩上がり

インデックス投資家の半値になるリスクを許容する
力ずよく右肩上がりを信じる

の2点を考慮したサイクルが発生すると仮定して、
ドルコスト、バイアンドホールド、出口戦略の効果を見ました。

予想通りの結果が出ました。近い内にブログにアップします。

Re: No title

>非公開コメント様

コメント有難うございました。

少々コメント内容にわからない点がありまして、質問しようか迷っていました(^^;

でも、今回のコメントで内容把握できました。
既に検証済ということでお疲れさまです。


これからもよろしくお願いします!(^^)!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)