スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの借り換えを試算しに某銀行へ行ったらマイナスの結果でした | そのときの行員の対応が残念だったので記事にしました

受付


今日は家族で“イランのようなイラクのような名前の某大型ショッピングモール”へ出かけてきました。

子供達を遊ばせるために、ショッピングモールへ行くことを事前に予定していたので、ついでに某大型ショッピングモールが経営している銀行へ「住宅ローンの借り換え」を試算してもらうために、前日に予約の電話を入れました。

行員「もしもし、イランのような名前の銀行ですが」
僕「住宅ローンの借り換えの試算をしてほしいのですが、明日伺っても大丈夫ですか?」

マイナス金利が導入されてから、変動金利0.5%台という数字で、住宅ローン借り換えに本腰をいれているような様子だ。そのため、「住宅ローンの借り換え」というキーワードを聞くと行員の声は1オクターブあがった。

行員「明日でしたら10時くらいはいかかでしょうか?」
僕「では、その時間に伺います」
行員「私XXXと申します。明日はお待ちしております。よろしくお願いします」
滑舌も良く、元気で明るいお手本のような電話対応だった。

翌日、ショッピングモール内の銀行に出向き、受付らしき若い女性スタッフに名前を告げると、明るい笑顔で「XXX様お待ちしておりました」と返答され、商談スペースへ案内された。

女性スタッフ「現在お借入れの金額はおいくらですか?」
僕「残り856万円くらいですかね」

話しながら、返済予定表を女性スタッフに手渡した。

女性スタッフ「えっ!?担当者に連絡してきますね。少々お待ちください」

20分くらいたっただろうか・・・
商談スペースで一人待つ時間は、まるで「精神と時の部屋」にいるかのような長い時間に感じた。

ドアが開いて先ほど同じ女性スタッフが入ってきた。
そして、椅子に腰かけるとすぐに彼女は話し始めた

「試算の結果、マイナスでした。お客様の場合、借入金額が少ないことと、返済期間が短いためマイナスです」

説明があまりに早くて、頭の悪い僕は理解に少し時間を要した。

僕「あっ、借り換えると損ってことですか」
女性スタッフ「そうです。お客様の場合・・・」先ほどと同じくだりが続いた。

1分くらいだったかな、とても短い会話だった。
滑舌が良く、元気で明るい対応の担当者は、僕の前に姿を現すことはなかった・・・。

「早く帰ってくれないかなぁ」心の声が聞こえてきたので、僕は直ぐに店舗から去ることにした。

壁には定期預金のポスターが飾られていた。

・・・そういえば、「イランのような名前の銀行」に定期預金を預けていたなぁ~
満期になったら、この銀行との付き合いは止めよう!そう、心に決めた日曜日だった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。