スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お小遣いで「ひとくふう世界国債ファンド」を1万円分購入しました


「えっ!?」っと思わせるファンドを見つけたので、タイトルの通り1万円分購入しました。何が驚きかというとコストの低さです。

  購入手数料:0
  換金時手数料:0
  信託報酬:0.27%(税込み
  投資対象:日本を含む世界の国債(シティ世界国債インデックス採用国)
        (BBB格付け以上)
  為替ヘッジ:あり
  決算日:毎年3月3日
  設定日:2016/4/13
  純資産総額:1.09億円
  基準価格:10,000円(2016/4/13)
  ベンチマーク:なし

ねっ、低いでしょ?このコストの低さなら、各最安株式インデックスファンドと組み合わせて、新しいアセットアロケーションを作ろうとしたのですが、なんとこの激安ファンドは「アクティブファンド」でした。

今のところ自分のコア運用は「インデックスファンド」中心と決めているので、この案は即中止しました。(先月くらいの案だったかな?)

それでも少し気にならないですか?このコストの低さ!

同様に、為替ヘッジありで、世界の国債に投資する最安インデックスファンドとして、「SMTグローバル債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)」がありますが、信託報酬は0.54%(税込み)と2倍です。

さて、このコストの低さでどのようにアクティブな運用を行うのでしょうか?とても疑問ですよね。そこで交付目論見書を覗いてみます。

ひとくふう2
ひとくふう1
引用元:ひとくふう世界国債ファンド交付目論見書(PDFファイル)

ふむふむ、なるほど・・・どのへんがひとくふうかぜんぜんわかりませんね(笑)
それでも、最近のインデックスファンドの低コスト化に対する挑戦のようなものを感じます。あえてインデックスファンドとせずに、ユニークなアクティブファンドを開発した大和住銀投信投資顧問さんを応援したいですね。

ただし、私の少ない小遣いで購入したので、すぐに売ってしまうかもしれません。
追加購入は考えていませんが、もっと買っとけばよかった~と思える運用をファンドマネージャーに期待します。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。