世界経済インデックスファンドの積立実績から今後の積立方法を考える

預金

2016年1月から3か月間、以下の投資信託を積み立ててきましたが、今日はメインで積み立ててきた世界経済インデックスファンドの購入実績から、今後どのようなタイミングで投資していくか考えてみました。(私の初期投資費用は350万円で3年以内に投資する予定です。)


・世界経済インデックスファンド
・ニッセイ外国株式インデックスファンドファンド
・ニッセイTOPIXインデックスファンド


世界経済インデックスファンドの2016年1月4日~4月9日までの基準価格と私がスポット購入した日(正確には約定日)を以下に示しました。

世界基準価格
   

この3か月間で1月に5回、2月に2回、3月に1回の計8回購入しました。本来はこんなに回数を分けて買う必要もないかもしれませんが、慣れるためと投資をしているという実感を得るために数回に分けて購入しました。


グラフ上の青線は、この3カ月間の平均基準価格で\18,602円です。オレンジの点が青線より上に4点、下に4点ですので、この3カ月の平均基準価格より安く買えた日が4回、高く買えた日が4回という結果です。

次に3カ月のリターンを以下に示します。(4月9日現在の基準価格で計算)
3カ月実績


■私の3カ月のリターン
4月9日現在の基準価格は、\18,375円と下がり気味なのでリターンは-4,640円となっています。


■もっとも基準価格の髙い日に一括投資
次にもっとも基準価格の髙い日(私が投資を始めた日である1月4日)に一括で同額33万円を投資していた場合、リターンは、-21,176円となります。
もし、350万円を一括投資していれば、それからどんどん下がっていく基準価格を見て、とても残念な気持ちになったのは間違いありません。
結果論ではありますが、一括投資はしなくてよかった!というのが素直な意見です。


■もっとも基準価格の低い日に一括投資
次にもっとも基準価格の低い日(2月12日)に一括で同額33万円を投資していた場合、リターンは、+14,023円となります。
この当時は、各メディアで「今後、株価が大暴落する」と報じられ、「それなら未だ買いの時期じゃないな、もう少し下がってから買おう」と考えていました。そしたら、いつの間にか上がり始めて、「あれぇ」って思ったのが印象的でした。


■毎日投資
次に、この約3か月間(67日間)、毎日、33万円 / 67=4,925円を投資していた場合、リターンは-3,879円となります。この結果は、私の投資実績より高いリターンです。
ある投資ブロガーの方は、毎日1万円積立投資されているようですが、超がつくドルコスト平均法という感じで、リーズナブルな投資方法だと思いました。ただし、お金に余裕がないことと、個人的に好みでないことから実践することはないと思います。


一括投資についての考え

初期費用を時間分散して積立投資するのは、合理的ではないという意見もありますが、自分の場合、投資開始日から基準価格が下がり続けているので、一括投資していれば最悪な気分が長期間続いたことは間違いありません。人間ですから・・・そこまで合理的に考えられませんよね。
したがって、一括投資を人に勧めることはありません。場合によっては逆恨みされることもあると思います。



「下がったら買う」を実践できるか試した結果

短い投資期間ですが、これは、自分には絶対無理ということがわかりました。投資を始める前は、チャートを見て、この日に買えば大儲けできるやん!なんでできないの?と思っていた自分が恥ずかしいです( ;∀;)



今後の積立方法

株価は上がるか下がるかまったくわからないので、適切なタイミングなど判断できない!ということが良くわかりました。なので、これからは、毎月5日(3万)、15日(3万)、25日(4万)の3回に分けてスポット購入していくことに決めました。
こんな感じで続けて様子をみようと思います。今後の株価の成長に期待!


(追記)2016年12月24日現在の投資スタイルを以下の記事に書きました。

私が世界経済インデックスファンドの積立を止めた3つの理由

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)