スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入社員のみなさん保険の勧誘に気を付けてください(重要!)

    女性てをあげる

新入社員の皆さんこんにちは、会社生活には馴染めたでしょうか?
新しく覚えることが多く、大変な毎日を送られていることと思います。

私も3%の希望と97%の絶望を胸に抱きながら、13年前に今の勤め先に入社しました。入社から1カ月ほどすると案外慣れるもので、会社って“チョロイ”かも!という錯覚に陥っていました(笑)

13年前の出来事

そんなある日、いつものように社員食堂で同期とともに昼食をとっていると一人のおばさんが私たちに声をかけてきました。若いころ綺麗だったんだろうなぁ~ということを連想させる、カジュアルなスーツを着た中年の女性だった。

女性「ねえー君たち新入社員でしょ? 合コンしたくない?」
同期「いや~、そうっすね~」
僕「・・・。」

陽気でハイテンションのおばさんと15分くらい会話して、僕らは、自分のオフィスに帰っていった。その後、おばさんが週に2回、食堂に顔を出している保険のセールスマンだということを知った。

おばさんと出会ってから、ちょうど1か月経過した頃だったと思う。食堂で同期の一人がおばさんに封筒を手渡しているのを見かけた。

僕「何渡したの?もしかして生命保険とか入るの?」
同期「なわけないやん!結婚もしてないのに!毎月積立の保険に入ったんや、老後のために
僕「老後?40年くらい先やないか?なんで今?」
同期「いや、今から毎月1万円くらい貯めとけば安心やし、今後、貯めれんくなるやん!」
僕「・・・。そうなんや」

当時24歳の彼が60歳まで積み立て続ければ、432万円。1割利子が付くため、475万円(43万円のプラス)となる。確かに60歳になる頃にはかなりのお金が貯まることになるが・・・。
なんで今から老後の金を考えるんだろう・・・。まったく理解できなかった。
それに僕は会社に入る前から「途中解約すると元本割れする保険商品」に良い印象を持っていなかった(過去記事参照: 申告漏れ、罰金、支払いのため保険中途解約から無職へ)。


13年たった現在

あれから13年の月日が流れ、その同期は奥さんと息子と3人で会社の社宅で暮らしている。
そして、来月には、3500万円の鉄筋コンクリート製の新居での生活が始まる予定だ。頭金は800万円、借金は2700万円になる。

彼には申し訳ないが、ここで単純なローン計算を行ってみる

  借金:2700万円
  月の返済可能額:9万円
  年利:1.10%と仮定
  返済期間:29年(上記の条件から算出)
  利息:455万円(支払い総額3155万円)

ここで、毎月の保険積立をしていなかったと仮定すると、
  1万円 x 12カ月 x 13年=156万円

これをすべて住宅購入費にあてると

  借金:2700万円-156万円=2544万円
  月の返済可能額:9万円
  年利:1.10%と仮定
  返済期間:27年(上記の条件から算出、2年間短縮できる)
  利息:398万円(支払い総額2942万円)

現状利息-積立保険なし状態の利息=455万円 ― 398万円=57万円

積立保険をしていなかった場合の利息は57万円安くなる。そして、積立年金によってもらえる利子は、43万円なので、単純に考えると、14万円損したことになる。

もう一つ残念なニュースだが、私たちの勤め先の関連会社が運営する保険代理店には、2年積み立てれば元本保証される保険商品が存在する。


まとめ

若く未熟であった彼は、他の商品と比較する間もなく、おばちゃんの「老後のために!」という言葉を信じて保険に加入した。今でも彼は損をしたと思っていないだろう。

必ずしも彼が損をしたとは、私も思ってはいないが、安易に契約を結んでしまったのではないだろうか?他にもっと良い商品はないか?本当に今契約すべきか?考える時間は無限にあったのではないだろうか?

果たして、優しくて、明るくて、陽気な保険のおばちゃんは、本当に彼の老後を心配していたのだろうか?それとも契約をとることだけが目的だったのだろうか?事実は私には分からないが、入社間もない若い人がすぐに保険に入る必要などないように思う。

もし、私の同期と同じような体験をする人がいれば、ちょっと立ち止まって、よく検討してみてください。


おまけ

ちなみに、私は一人目の子供が生まれた31歳の時に死亡保障3500万円の生命保険に入りました。家族ができれば生命保険は必須ですよね。(当然いろんな保険を比較して、もっとも有利な条件を選びました!

新しく保険に加入したい方や今の保険料が高いと思っている方は、経験豊富なプロのファイナンシャルプランナー(FP)に無料相談を依頼してみてはどうでしょうか?最近では、どこの保険会社にも属さない複数の保険商品を扱える中立的なFPが自宅や喫茶店まで出向いて相談にのってくれるようです。あなたに最適なもっともお安い保険が見つかると良いですね♪

無料相談は下記の公式サイトから申し込めます。
 FPのチカラで今すぐFPを選ぶ。

 生命保険の見直し・保険相談なら【保険のティーチャー】


*良い商品選びのために無料相談を利用するのであって、間違ってもダメ商品掴まされないでくださいね。どこに行っても保険を勧める人とは、一定の距離を保ってください。
関連記事

コメント

No title

積立とは年金保険ですか??
年末調整での保険の還付金や配当金を含めてもそんしているのでしょうか?

Re: No title

> でもさん

コメント有難うございました。m(__)m

元本保証のある商品なので損はしていません。

流動性が低い(お金を引き出すと元本割れする)ため、大金が必要になったときに手元にお金がないため損をする可能性があるということです。

参考例:http://realmuay.blog.fc2.com/blog-entry-39.html


そこで、新入社員の頃は、給料も低いので、老後のためという保険屋さんの口車にのらず、必要になってから備えた方が無難だというアドバイスです。


ただ、新入社員の頃から老後の備えを上手くできる人もいますし、30代のお金が必要な時期のために貯蓄型保険で上手くお金を貯める人もいます。


でも、焦って保険商品に手を出す必要はないと伝えたかったです。


若くして積立などで、上手くお金を蓄えていらっしゃるのなら、すごいことだと思います。
これからも頑張ってください!






保険相談

保険のこと 私も以前から興味がありまして
保険の無料相談(アフィ付き)を時々申し込みします
知識の豊富な方が多いので勉強になります

Re: 保険相談

> 消費しないピノキオさん

自分は過去に保険で失敗した苦い記憶がありますが、今は必要最小限だけ入っています。(#^^#)

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。