スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス投資を始めるタイミングを考える

    abcde.jpg

今日はインデックス投資を始めるタイミングを考えてみます。と、いうのも当ブログの検索キーワードの大半は「アセットアロケーション」を含んだものが多く、

「アセットアロケーション」、「勉強」、「エクセル」、「インデックス投資」と、こんな感じになっています。

これから勉強して、インデックス投資を始めようとされている方が訪問してくれているのかなぁと想像して、ヘラヘラ喜んでいます(^^♪

そして、今日、投資を促す記事を見つけました。
外部リンク:投資は「大きなリターンを狙う」より「早く行動して長く続ける」ほうが重要


要約すると、「マイナス金利で定期預金や国債の利息は期待できないから、早く投資を始めて複利の恩恵を受けようよ。」、「あのアインシュタインも複利最高って言ってるよ」とこんな感じです。(他にも良いこと書いてますが・・・)

こういった記事にインスパイアされて投資を始めようとされる方も多いと思います。
でも、ちょっとまってくださいね。自分の足場は固まっていますか?

 ・家計の状況は正確に把握していますか?
 ・毎月、年間の収入?支出?をご存知ですか?
 ・ローンの総額は?完済までの期間は? 
 ・近い将来、お子さんの学費、教育費がどの程度いるか推定していますか?
 ・家など大きな買い物をする予定は?

こういったことを把握しないと、「無リスク資産」と「リスク資産」の配分を決めることができません。要は自分がどれだけリスクをとれるか分からない状態です。

例えば、
現在、月6万円の貯蓄をしているAさんが居たとします。
家族構成:妻、息子、娘の4人家族(妻は専業主婦)

家族の将来を考えて月1万円の積立投資を始めたとします。
翌年、家を購入、ローンの返済は月6万
その翌年、息子が幼稚園に入り月謝は3万円

毎月の出費は月10万円増えました。したがって、貯蓄はできなくなり、且つ、月4万円の赤字となり、すぐに資産を食いつぶすことになりそうです。こういった状況で必要なのは節約(固定費の削減など)、節税です。それでも足りなければ、奥さんがパートを始めることを検討する必要性も出てきます。これでは、投資どころの騒ぎではありません。

まずは、現状と近い将来のキャッシュフローを把握しましょう。投資に回すお金がなければ無理に始める必要はないと思います。
「投資やれるぞ!」と判断された方は、アセットアロケーションを考えて、一緒にコツコツ積立投資をしていきましょう!(^^)!
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。