スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『実家のたたみ方』負の遺産の整理について勉強しました

今日は、以前から記事にしている負の遺産(田舎の実家)相続問題について、住宅・不動産ジャーナリストである千葉利宏氏の「実家のたたみ方」を読んで勉強しました。

              

過去記事:
 ・両親からの負の遺産(田舎の実家)が僕の老後に重くのしかかる
 ・両親からの負の遺産(実家)相続に悩まされる人は多いようだ
 ・<追記>両親からの負の遺産(実家)相続に悩まされる人は多いようだ

これは、私が解決しなければならない重要な問題であるため、解決に至るまでをシリーズとして記事にしていきたいと考えています。また、同様の問題を抱える多くの方々のお役に立てる情報を提供できれば幸いです。

本書では、正の遺産(売れる、貸せる実家)のたたみ方の手順、基礎知識(税金、法律、不動産業者との付き合い方)なども説明されていますが、当記事では、「負の遺産(売れない実家)の問題」にフォーカスして紹介していきます。

筆者の紹介

埼玉県に在住
長男で札幌に実家あり
奥さんも長女で長野県に実家あり
実家は豪雪地帯であり私と同様の悩みをお持ちのようです。



実家のたたみ方を誰もよく知らない?

著者は、本の執筆の前に「そもそも実家のたたみ方を誰もよく分かっていないのではないだろうか?」という疑問をもたれていたようです。というのも、日本では、古くから家とは永続して引き継いでいくもので「実家をたたむ」という発想がそもそもなかったため、法律も制度も「実家をたたむ」ことを想定していない。そのため、いろいろな混乱が生じ始めており、相続放棄の増加、空き家問題、所有者不明土地の増大を生み出す原因になっているのではないでしょうか。



空き家を管理する人がいなければ、相続放棄した人に管理を継続する義務がある?

以前の記事にも書きましたが、民法940条によると、全ての相続人が相続放棄の手続きを行った場合、空き家を管理する人がいなくなってしまうため、相続放棄を行った人に管理を継続する義務を定めているようです。
財産管理人による相続財産の管理が始まらなければ、いつまでも相続放棄した元相続人が不動産の管理責任を負い続けるようになります。では、その元相続人も死亡した場合には財産の管理はどうなるか・・・。それは本でも語られておらず、「?」のままとなっていました。
つまり、私の親の遺産を全員が相続放棄しても、実家の管理責任は私にあります。では、私が死ぬとどうなるのでしょうか?管理責任者は私の子供なのか?それは、著者にもわからないようです。



相続放棄をしても行政からの指示で自主的に解体・除去した事例(ここ重要です!

秋田県大仙市では2012年~2013年の2年間で26件の空き家の解体・除去が行政代執行として行われたようです。ただし、行政代執行は一足飛びで行われたわけではなく、相続放棄した人に対して、民法940条について文章で通知して、危険な空き家の解体・除去を指導したようです。
当初は連絡をとっても「相続放棄の手続きをとったから管理責任はない」と言っていた人も文章で通知されて、管理責任が自分にあることを理解して、代執行が行われる前に、自主的に解体・除去されたようです。しかし、それでも従わない人には、行政代執行が行われて、費用を徴収されたようです。
(本では、行政代執行が行われるまでの過程がフロー図で詳しく書かれています)



負の遺産問題お役立ち情報

(1)「空き家バンク」「住宅流通促進協議会」を利用して諦めずに売ることを検討しよう
      外部リンク: 全国空き家ネット

(2)「住み替え支援機構」を活用して実家を貸せないか検討しよう
(3)解体費用の助成対象とならないか自治体に確認しよう



所感など

大仙市の事例は初耳でした。やはり相続を放棄しても管理責任は自分に帰ってくるようです。民法940条の理屈からすれば、特定遺贈でも同じことになるのではないでしょうか。たとえ専門家が「法の抜け道」を教えてくれたとしても、こういった事例があるかぎり安心はできないように思います。また、相続前に実家を解体して、相続放棄した場合、「固定資産税」からは逃れられるのか?その後の管理は不要か?という疑問を新たに持ちました。

今後、安心して田舎の実家をたためる制度ができることを願っていますが、引き続きこの問題について学習していこうと思います。



本の紹介(その他)

「売れる実家」、「売れそうにない実家」を問わず相続される方にとって必読の本だと感じました。また、「農地のたたみ方」、「森林のたたみ方」、「お墓の引っ越し」など珍しい情報満載です。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。