株価は右肩上がりに成長するのか?盲目的に積立投資でOKか?

   上がる


本題に入る前に現状の投資スタンスを再確認

預金額:約1000万円
投資開始:2016年1月
3年以内の目標資産比率:リスク資産(35%)、無リスク資産(65%)

購入投資信託:
 世界経済インデックスファンド
 ニッセイTOPIXインデックスファンド
 ニッセイ外国株式インデックスファンド

株式、債券比率:株式(65%)、債券(35%)
 国内株式、18.5%
 先進国株式、34.25%
 新興国株式、12.25%
 国内債券、3.5%
 先進国債券、19.25%
 新興国債券、12.25%

初期投資費用350万円で3年かけてスポット購入する予定です。購入のタイミングは、月に2回程度自分の直感にしたがって約10万円購入します。言い換えるとこの時期は何も考えずに適当に買います(^^♪
自動積立は生涯する予定はありません!


初期投資後(3年後)の戦略

無リスク資産:常に300万円以上を流動性の高い場所に置く
流動性の低い場所にお金を置くと危険な話はコチラ<===

リスク資産:基本はバイ・アンド・ホールド、何らかの規則を決めてコツコツとスポット購入を続ける。月1万円かもしれないし、3万かもしれません。総資産額も推移しているはずなので新たな資産配分を目指して再積立するかもしれません。あるいは、毎月ある基準価格以下なら積立、以上なら購入しない、という選択もあると思います。(買わない時期もあると思います)

25年後の60歳になるまでに積立を止めて、良いタイミングを探して、数回に分けて現金に換えていくつもりです。ただ、60歳になる前に自分の納得できるリターンが得られるのなら途中で解約しますよ(^^♪


前置きが長くなりましたが、本題

「株価は右肩上がりに成長するのか?」「盲目的に積立投資でOKか?」についてですが、これは、「資本主義経済の成長を信じて、ただひたすら積立投資を続ければ自分にプラスリターンが帰ってくる!と信じて投資するか?」という話です。

今現在、僕の意見は「No」です。

過去のデータを分析し、現状を把握して、未来予測をした上で長期のインデックス投資は有意義だと判断した方は、そうすれば良いのだと思います。
しかし、頭の良い人(良さそうな人)、詳しい人(詳しそうな人)がそう言ったから、盲目的にそれを信じて投資することは賢明だとは思えません。自分で考えて投資判断すべきだと思います。本に書いてあることや他人の言っていることを鵜呑みにするのは、自ら「考えた」とは言えないでしょう。

インデックス投資の本も有名ブログも素晴らしいものが多いです。読んでいると自分も「これをやれば儲けられるんじゃないか!」と思えてきます。
そして、“相場は予想できない”から考えることは“無意味”、“長期的には経済は右肩上がり”だから“ひたすら積立ておけばOK!”とも思えてきます。結果的にはそうなのかもしれないですし、そうならば、積立続けた未来の自分はラッキーです(*^-^*)

でも、ね、少し考えてみます。

・長期的には経済は右肩上がり!
・出口戦略を上手くやる!

1つ目は積立投資がリターンを得られる前提条件で、2つ目はリターンを得るためのポイントになると思います。この2つについてはじっくり考えていきたいですね。少なくとも、高度経済成長の頃と同様の成長率を期待することはできないと思います。


家族が安定した生活を送る可能性を上げる”ために投資を始めました。
お父さん何も考えずに資産の数十パーセントを投資してたら、みんな満足に飯食えなくなったよ!ごめ~ん (;´Д`)、では済まないので・・・。

妄信して考えることを放棄せず、僕の悪い脳ミソで可能な限り考えながら投資していきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)