高齢の両親が投資を始めると言い出したら、自分はどう対応するか?

    介護

インデックス投資日記@川崎さんのブログで「銀行で買った毎月分配型ファンドで350万損しているのでどうすればよいかとの相談を受けました」という記事を読みました。
自分たちの利益だけを考えて高齢者にリスクの高い商品を買わせる銀行員の行動はいかがなものだろうか?と思うが、僕が銀行員の良心やコンプライアンス云々について語っても何も解決できそうにないので、今日は自分の両親(65歳)が投資を始めると言い出したら、自分はどう対応するか?考えてみました。


冷静に考えるまでもなく僕は絶対に「やめておけ!」と言います。絶対です!
それが例え自分が有意義だと思っているインデックス投資でも同じです。


仮に僕の両親が老後のために3000万円貯蓄していたとして、シンプルに1000万円をバランス型のインデックスファンドに投資したとします。5年後、あるいは10年後に700万円の価値になった場合、間違いなく狼狽売りすると思います。それだけでなく、気が狂って病気になって、もっとお金いるかもしれません
40~50代から続けていたベテランならいざ知らず、65歳過ぎから始めた年金暮らしの老夫婦が数百万円の損失に耐えられるとは考えられません。
また、何の根拠もないので、後3か月後、1年後、5年後に価値が上がるかもしれないなどと言えません。また、その頃には他界している可能性も十分あり得ます。


自分は、両親の投資に対しては絶対NO!です。
「お金のことは俺に任せろ」と言いたいですが、向こうも世話になりたくない!子供、孫に迷惑をかけたくない!という意地があるようです。が、結局、お金がなければどうしようもないので素直に援助を受けてほしいと思います。(因みに同居はしていません)


私のブログの検索ワードにも「58歳 アセットアロケーション」というものがありました。
個人的には、上記の理由から年配者が投資を始めることを勧めませんが、どうしてもやりたいという方は、「価値が半分になっても精神的に耐えられるか想像してください。」投資について勉強するのはその後でも良いのではないでしょうか?
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)