スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老後のお金が心配です。どうやって備えたらいいですか?

      老後イメージ

「老後のお金が心配です。どうやって備えたらいいですか」というタイトルの記事をPRESIDENT Onlineで見つけたので紹介します。


2014年NHKで「老人漂流社会“老後破産”の現実」という番組が放送されました。お世辞にも良い住処とは言えない家、そこに一人で住む老人、やたら散らかった様子は、私たちに孤独と寂しさを感じさせます。ある老人の「お金がない」、「やることやったんだから早く死にたい」というネガティブな発言からは、不幸と恐怖を感じずにはいられません。


超高齢社会に突入した現代において、“老後破産”の厳しい現実を密着ルポで描くとともに、誰が、どういった枠組みで高齢者を支えていくべきか、専門家のインタビューを交えながら考えていくという番組だが、放送開始後から「老後破産」「下流老人」という言葉を使っていたずらに不安を煽ってビジネスをしている人がたくさんいる!ということをPRESIDENT Onlineの記事で紹介していました。


その記事では、タイトルのAnswerは、「健康であることが、老後に対する一番の備えです」
と答え、「より充実した老後を送りたいと思うなら、まず自分の健康のために投資をすることが大事です。」と述べています。


一番なのか二番、三番なの私にはわかりませんが、自分も健康は最重要だと考えています。私の勤め先では、昼休みのジョギングが流行っており、休日はサイクリングを趣味にしている方も多いです。また、年に数回みんなでマラソンに参加して、去年の自分を超えられるか!そんなことを競い合っています。


お金にばかり目がいって不健康まっしぐらな方は、軽い運動とバランスの良い食事を心がけてはどうでしょうか?多少人よりお金があっても不健康な老後では楽しみも半減してしまいます。それに、医療費などにお金がかさむようでは、貯めたお金さえ半減してしまうのではないでしょうか?


それでも、NHKの番組は、私たちに今後もさらに進んでいく超高齢社会に対して、自分(妻を含む)を守るために“何か対策しなければいけないのではないか?”ということを教えてくれました。


「インデックスファンド」を使った長期投資は勿論オススメですが、「投資信託」を購入するのは怖いという方も多いと思います。そんな方は、元本保証のあるネットバンクの定期預金や個人向け国債または、固定費の削減などの節約から初めてみてはいかがでしょうか?


1億円で完璧安心老後の話はコチラ<===
個人向け国債の話はコチラ<===
固定費削減の話はコチラ<===
夢のマイホームを格安2600万円で買った話はコチラ<===
確定拠出年金を利用した節税対策の話はコチラ<===
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。