今更聞けない「個人向け国債」・・・金庫より良いよw

   預金


世間では、「マイナス金利」の影響で「金庫」がバカ売れしているようですが、今日は、金庫より素敵な「個人向け国債」のお話をしたいと思います。


個人向け国債とは?

日本国債(利付国債)と同様に、“国”が発行している債券で、個人投資家に買いやすくしたものを指す。(証券会社、銀行、郵便局で購入可能)発行される債券の中で『一番リスクが低い投資先』と言われています。


個人向け国債の特徴

日本国債(利付国債)の金利よりも低く設定されている。しかし、現在(2016年3月)「マイナス金利」の影響で、利付国債は金利低下のため募集を行なっていないが、個人向け国債は、最低保証金利0.05%(税引前)があるため現在でも購入可能となっている。
1年間は中途解約できないが、その後は、直近2回分の利息を支払うことで解約可能、元本は保証される。(元本や利子の支払いは、国が責任を持って行います。)
個人向け国債が他の債券と大きく違うのは、額面価格ちょうどの価格で発行され、中途換金する場合は、政府が額面金額で買い取ってくれるという点である。また、額面1万円単位で必要な額だけの一部換金が自由にできる。


銀行預金との比較

①銀行預金は万が一銀行が破綻した場合、1,000万円までしか保護されないが、国債は親方日の丸のため安心!もちろん、日本が財政破綻した場合には、国債も元本保証されないというリスクもあるが、その時は銀行も破綻しているはず!

②銀行の普通預金は、現在(2016年3月)ネットバンクでも個人向け国債の最低保証金利0.05%以下です。


個人向け国債のサマリー

国債


<*1>適用利率=期間3年の固定利付国債の想定利回り-0.03% (インフレ対策にならない)
<*2>適用利率=期間5年の固定利付国債の想定利回り-0.05%(インフレ対策にならない)
<*3>適用利率=10年固定利付国債の実勢金利×0.66 (インフレ経済を反映した金利が受け取れる) ただし、インフレ率が「変動10年」の金利よりも高い水準で上昇し続けた時は、インフレの流れに追いつけない。

調べてみると証券会社、銀行などでは、個人向け国債のキャンペーンをやっているらしく、僕がインデックスファンドを購入しているSBI証券でも以下のようなキャンペーンをやっているようです。(詳しくはSBI証券の公式サイトを参照ください)

SBIキャンペーン


「個人向け国債」を学習した僕の感想

現在、無リスク資産として、生活防衛資金、車購入資金、定期預金、投資費用、教育費以外に
銀行普通預金に、半死状態となっているお金が200万円程度あるので、「個人向け国債」の購入を前向きに検討してみようと思いました(*^-^*)

以下のリンクからSBI公式サイトへ進んで口座開設の申し込みができます。



SBI証券口座申し込みはコチラ<===

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)