確定拠出年金の節税メリットを試算したらヨダレがでてきました

2017年1月より専業主婦の方や公務員の方も「個人型確定拠出年金」に加入できることになりました。

公的年金や確定給付年金が、国や企業の責任においてその資金を運用するのに対して、確定拠出年金は、自分の老後の資金を自己責任で運用する年金制度です。したがって、運用成績に応じて将来の給付額が決まります。

私が65歳になる頃には、下図のように労働人口1人で私一人を支えるような状況なので、公的年金の“支給額の引き下げ”や“支給開始年齢の引き上げ”は覚悟するしかないようです。

少子高齢化
(引用元: 税の学習コーナー 国税庁       

そこで注目されているのが、公的年金の上乗せ手段となる「確定拠出年金」です。



確定拠出年金のメリット

①確定拠出年金の掛金は所得税、住民税の対象外となります
自分が拠出した掛金は、所得税の計算をするときに収入から差引いて計算されます。つまり、拠出掛金には所得税がかからないのです。例として、私の節税メリットを計算すると以下のようになります。

課税所得額が330万円~695万円の私の所得税率は20%
毎月の掛金を2万円とすると年間掛金は24万円

年間節税メリット
   = 年間掛金 × (所得税率 + 住民税率 10%)
   = 24 × (20%+10%)
   = 72,000円

これを60歳になるまで25年間続けると、
節税メリットは180万円となります。


②投資、預金による運用益が全額非課税となります
通常、預金の利息や投資信託、株式などの運用益に対して年率20.315%の税金がかけられていますが、個人型確定拠出年金なら運用益に税金がかかりません



③定期預金を含むすべての商品が対象です



確定拠出年金のデメリット

①原則60歳まで掛金や運用益を引き出せません。ただし、引き出せないということは無駄使いできないというメリットでもあります。計画的に運用できるかが重要になってくると思います


②原則休職期間、無給の期間を除き掛金の拠出を中断できません


③毎月の運営管理手数料を支払う必要がある


④取り扱い商品が金融機関によって異なる



専業主婦の拠出額

専業主婦の方は、月23,000円を上限に個人型確定拠出年金に加入が可能です。年間掛金は276,000円となります。

所得がない専業主婦の場合は、掛け金の拠出時の税制面でのメリットはありません。ただし、運用益は全額非課税となります



運用管理手数料

運用管理手数料には、金融機関によって異なるものがあるので注意してください。

【加入時】

 ・国民年金基金連合会(初期費用):2,777円(各社共通)
 ・運営管理手数料…金融機関によって異なる

【掛金拠出時】

 ・国民年金基金連合会:月額103円(年間1,236円)(各社共通)
 ・事務委託先金融機関:月額64円(年間768円)(各社共通)
 ・運営管理手数料…金融機関によって異なる

【給付時】

 ・事務委託先金融機関・・・420円/1回(各社共通)



運営管理手数料ランキングは以下を参照してください。(SBI証券が一番お得です!)

運営管理手数料ランキング



確定拠出年金おすすめの金融機関

当ブログのおすすめ金融機関はSBI証券です。

以下に示したように、SBI証券は、コスト面で他の金融機関より圧倒的に有利です。

 ・個人型年金の資産残高が50万円以上になれば、月々の運営管理手数料が無料!
 ・ダントツの低コストファンド商品ラインナップ!
 (信託報酬0.2268%のDCニッセイ外国株式インデックスは、超おすすめ商品です!)


SBI証券 個人型確定拠出年金 資料請求


SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)からページを開くと以下の画面に移動します。


確定拠出1-1

 ・「資料請求はこちら」を押して次へ進みます。


確定拠出2

 ・該当するところにチェックしてください。
(2017年1月からの制度改正のご案内に関する予約申し込みも公式サイトの案内にしたがって簡単にお手続き可能です)


確定拠出3

 ・初めてなら「ない」を選択してください。


確定拠出4

 ・「拠出する」を選えらんで、「次へ進む」をクリックしてください。
  別のページに移動します。

氏名や住所などの情報を入力して「確認」ボタンを押します。
そして、先ほど入力した内容の確認画面になります。
問題がなければ、下の「請求」ボタンを押して完了です。
(10分程度で済みます。)

数日すれば、SBI証券から書類が届きます。
必要事項を記入して、返信用封筒をポストに投函すれば申し込み完了です。



確定拠出年金の運用例

友人の確定拠出年金の運用についての記事です。参考にどうぞ。


確定拠出年金ってスゴイ!自分が何に投資しているかさえ知らない友人の年平均利回りは2% (銀行預金の100倍)
関連記事

コメント

こんいちは

こんにちは。
いつも楽しくブログ拝見しています(^ ^)
はずかしながら、確定拠出年金という単語を始めて聞きました。
とてもメリットが大きようなので検討してみようと思います。

これからも良い情報楽しみにしています!

Re: こんいちは

こんにちは(*^-^*)

お役に立てて光栄です!
資料請求は無料なのでじっくり検討してください。

個人的には、インデックスファンドがお勧めです。
今日「選択制確定拠出年金の導入であなたの会社の社会保険料はこれだけ減らせる!」
という本を読みました。

その本の著者は自らの運用方法を紹介されており、
日本株式/債券、先進国株式/債券のインデックスファンドに分散投資されているようです。
投資信託の選び方として、近年発売された本を参考にされるのが良いと思います。


国の制度を利用してお互いメリットがあると良いですね(^^♪
時間があれば、また当ブログに遊びに来てください!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)