スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のアセットアロケーション4(外国債券を考える)

ストレス


前回のアセットアロケーションの記事の続きで、myINDEXさんの資産配分ツールで計算すると、外国債券が不利とは言えない問題について考えていきます。(前回の記事を読んでからの方が今回の記事を楽しく読めると思います(^O^))

<注>
私が外国債券の有無について考える理由は、自分が「世界経済インデックスファンド」を通じて、外国債券に投資しているため、その有効性を評価することが目的です。今回の記事では、他のブログやサイトで紹介されている外国債券不要説の根拠を確認していきますが、それらを否定するつもりは一切ありません。


各サイトで述べられている外国債券が敬遠される理由を考える

①外国債券はコストが高いから不利!
「myINDEXさんの資産配分ツール」では、コストを考慮していませんが、コストが高いから不利だ!ということを証明する場合は、計算にコストを考慮するだけです。最近の外国債券の信託報酬は、野村インデックスファンド・新興国債券0.648%、たわらノーロード先進国債券0.216%と安価になっています。

以前の記事で、「myINDEXさんの資産配分ツール」を使って、以下の2つのアセットアロケーションのリターン・リスクを計算しましたが、これに外国株式と外国債券のコストを考慮に入れて計算したとしても、コストが高いため、外国債券は不利という解は得られそうにありません。したがって、この計算方法からは、コストが高いため保有しない方が良いとは言えません。<あくまで、この前提条件での結論です>

[先進国株式50%、新興国株式50%]
リターン:6.9
リスク:21.7

[先進国債券50%、新興国債券50%]
リターン:8.3
リスク:11.8


②金利評価説に基づくと外国債券のリターンは、長期的には国内債券とさほど変わらないのにリスクが高いので不利

いろいろなブログで同じような内容を拝見しました。書かれている文章やロジック事態は納得できます。しかし、素人の私には少し不思議に感じることがあります。

例えば、体操選手は体重が重すぎる(70kg以上)と不利!と示す場合、感覚的にも理解できますが、体重別の選手の統計データから、重い人の選手層、成績 or 軽い人の選手層、成績などを比較して数字で有利、不利を表すことができます。わざわざ体重が重いと~、最大筋力と体重の関係が~など言うことなく、数値で比較すれば一目瞭然のはずです。

外国債券はリターンが小さく、リスクが大きいも同様で、金利評価説が~でXXXでと論じなくても、長期でのリターンとリスクの数字を見れば一目瞭然のはずです。<金利評価説について説明しているブログなどを否定しているわけではないのでご理解ください>

しかしながら、「myINDEXさんの資産配分ツール」の過去20年の実績 (1996年2月-2016年1月)から見ると、外国債券のリターンが小さくリスクが大きいという傾向は見られません。 <前提条件として、外国資産はmyINDEXさんにて独自に円換算されています>

20年は長期ではないということでしょうか?それなら20年以内で投資を終える人は、外国債券に投資する価値があるということでしょうか?それとも、このリターンとリスクには考慮されていない何かがあるということでしょうか?私の中でこの疑問は解決されないままです。 <この記事を書いた後に、山崎元さんの説明を読んでみると、なるほど・・・と思うが、未だ納得まで至らない>



次はmyINDEXさんから離れて、別のデータを使って考察してみます。

山崎元先生が使われている35年間(1973年~2007年)のリターンに基づいて計算したデータを以下に示します。

山崎アセット
外国株式、外国債券という言葉が使われていますが、先進国と判断しました。

次に日経マネー1月号で紹介されていたイボットソン・アソシエイツ・ジャパンによって作成されたデータを以下に示します。(数値の条件などは一切不明です)
雑誌アセット

これら二つのデータは、ほぼ同じ値を示しています。これなら確かに、先進国債券のリターンは、長期的には国内債券とさほど変わらないのにリスクが高いので不利と言えます。しかし、新興国債券はそうとも言えないようです。

結局、「外国債券(先進国、新興国)のリターンは、長期的には国内債券とさほど変わらないのにリスクが高いので不利!」と言うための絶対的な統計データが見当たらないので判断できませんでした。そのデータがあれば最適化計算をせずとも、不利な資産クラスは、理想のアセットアロケーションには入ってこないはずです。


③外国債券は、株式クラスのリスクのクッションならない。
これについては、その通りだと思います。クッションとして債券を利用したい人には不向きだと思います。


学習の成果

今日の学習では、外国債券が分散効果として有効なのか、リターンの低下のため不利なのかよくわかりませんでした。したがって、もう少し学習を続けたいと思います。当然、未だ外国債券に投資を続けるスタンスです。
関連記事

コメント

こんにちは!

こんにちは!今日初めて拝見させていただきました^ ^
25歳の会社員です!
インデックスファンドに興味があり、毎月5万円を給料から天引きで投資しようと考えてます。
ですが、まだ不安があります。
差し支えなければ、今の現状はどうなのかアップして頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Re: こんにちは!

> こんにちは!今日初めて拝見させていただきました^ ^
> 25歳の会社員です!
> インデックスファンドに興味があり、毎月5万円を給料から天引きで投資しようと考えてます。
> ですが、まだ不安があります。
> 差し支えなければ、今の現状はどうなのかアップして頂けないでしょうか?
> よろしくお願い致します。

こんにちは(*^-^*)

25歳で毎月5万円とはすごいですね!
自分はその当時何にお金を使っていたか覚えていません(@_@;)

早くから資産運用を検討されているようなので、
インデックス投資についても、かなり勉強されていることだと思います。

投資歴2カ月ちょいの私の状況が参考になるかわかりませんが、
以下のような状況です。

・世界経済インデックスファンド
・ニッセイTOPIXインデックスファンド
・ニッセイ外国株式インデックスファンド

を377,804円分保有しており、2,804円含み益があります。
(全てSBI証券で購入)

現在の預金から約35%の350万円を3年以内に投資する予定です。
その後は、いろいろな状況を考慮しつつ、コツコツ積み立てていくつもりです。

超短期の状況なのであまり参考にならないと思いますが、
これが私の現状です。
お役に立てれば幸いですね(^^♪






お返事ありがとうございます。

丁寧なご返答ありがとうございます^ ^
細かく教えて頂き、大変参考になりました!!

これから定期的にブログを拝見させて頂きます!

Re: お返事ありがとうございます。

> 丁寧なご返答ありがとうございます^ ^
> 細かく教えて頂き、大変参考になりました!!
>
> これから定期的にブログを拝見させて頂きます!


再度のコメントありがとうございました(*^-^*)
ぜひ、また当ブログに遊びに来てください。

今月も10万ほど購入予定なので、約定したらブログで報告しますね♪

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。