「節約」って「投資」より大事ですよね?

お金縛る大

以前の記事でお話ししたように、子供が生まれ、家を買い、自然と節約を心掛けていたら「インデックス投資」にたどり着いたわけですが、今日は実際に僕が行った節約方法についてお話ししようと思います。

結論から述べると、2つの固定費を見直すことで23,000円/月(276,000円/年)の節約に成功しました。いろいろと不確定要素はありますが、自分が後50年生きるとして、単純計算すると13,800,000円節約できることになります。「安心老後」“ぐっと”近づくのではないでしょうか?
2つとも“ありきたりの話”ではありますが、具体的に説明していきます。


キャリア携帯から格安SIMへ移行

今ではテレビでも大々的にCMが行われている格安SIMだが、2年くらい前はあまり普及していなかった。当時僕は家を買い、二人目の子供が生まれ、長男は幼稚園に入園を控えており、今まで以上に出費が増えることは明らかで、出費を削るネタを探すためにネットサーフィンをしていた。


僕の目に飛び込んできたのは、「固定費の削減」、「通信費はぼったくり?」、「格安SIM」。当時の僕は「SIM」ってなんやねん?そんな状況でした。目を凝らして記事を見ると「OCN モバイル ONE 音声通話SIMなら月額1,600円!」と書かれていた。当時、僕のスマホは、月額10,000円が当たり前のため、にわかに月額1,600円を信じることができなかった。


半信半疑で読み進めていくと、スマホの通信機能は、「端末」ではなく「SIM」と呼ばれる薄いカードのようなものが命らしい・・・。物理的に差し替えて交換できるがキャリアが違うとロックされてしまうようだ。(2年前、SIMフリースマホは市場に出回っていなかった)しかし調べてみると、僕がその時見ていた「OCN モバイル ONE」の「SIM」はNTTドコモの「SIM」でXiとFOMAの両エリアに対応し、しかも僕が使用しているドコモのエクスペリアに差し込めば使えるらしい。・・・正直意味が分からなかった。


契約する会社が違うだけ?たったそれだけで、8,000円も安くなる。なぜ? 今では当たり前になった格安SIMも当時はあまり普及していなかったため、にわかには信じられなかった。それでも、ドコモの関連会社のOCNなら問題ないだろうと、サイトに書いてある通りに申し込んだ。ドコモ、OCN両方に手続する必要はあったが、ただ書いてある通りにするだけなので直ぐに申し込みは終了した。そして、1週間後届いた「SIM」をスマホに差し込んでみた。

  ・電話番号も変わらない!
  ・電話もネットも使える!
  ・おまけに「050+」というアプリで電話番号まで貰えて、しかも通常より通話料も安い!


次の月から、夫婦で8,000 x 2 =16,000円/月を節約することができた。
正直な話ここまで節約できるとドコモの解約手数料など一切気にもならなかった。

自分は電話をあまりしないタイプでドコモのスマホを使っていたので「OCN モバイル ONE」が理想的だったが、頻繁に通話をする人なら、「Y!mobile」で新規契約・MNPすれば、通話もメールも使い放題!月額2,980円とかなりお得だ!しかもMNPならば端末代金実質0円でさらに10,000円の相当キャッシュバックもついてくる?
正直、たったこれだけで数千円/月を節約できるならやらなきゃ損だと思う。
「安心老後」以前に節約で浮いたお金を子供の教育費に回してはいかがだろうか。

次回はもう一つの節約方法を紹介します。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)