FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期的に為替ヘッジあり・なしファンドの株式投資成績を比較して安心材料にしています

安心男


外国株に投資していると「為替リスク」という避けては通れない問題があります。インデックスファンドを利用して外国株式に投資している自分も常にこのリスクにさらされています。



1ドル100円のときに外国株を買って、値動きがないまま1ドル90円のときに売ると10%の損失が確定する恐ろしいリスクです。これを回避するために「為替ヘッジ」という方法があり、外国株式インデックスファンドにも為替ヘッジあり・なし両方のファンドがあります。



低コストファンドとして知られている「たわらノーロード先進国株式」にも為替ヘッジあり・なしのファンドがあり、どちらも信託報酬は同じですが、為替ヘッジありの場合は、為替予約取引で為替ヘッジを行っている分のコストが必要になります。このコストはファンドの純資産から差し引かれ、その分基準価額が低下する仕組みになっており、お金を払って為替リスクを避ける方法となっています。



参考に、たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり>の請求目論見書の一部を示します。

為替ヘッジコスト



■為替リスクはどれくらい大きい?
たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり>がリリースされた2016年10月頃からのドル/円の推移は以下のようになります。

ドル円推移2016


下は100円から上は118円まで大きく乱降下していますね。自分のように為替ヘッジを行わずに長期投資をしている立場からすると、この期間の為替ヘッジあり・なしのファンドの基準価額の推移や積立投資成績は気になるところなので、調べてみることにしました。



■為替ヘッジあり・なしの比較
たわらノーロード先進国株式<為替ヘッジあり>がリリースされた2016年10月3日の基準価額を10000円とすると、ヘッジあり・なし両ファンドの基準価額の推移は以下のようになります。

たわら為替ヘッジありなし基準価額


為替ヘッジなしは、ドル・円の推移の影響をもろに受けているのがわかりますね。では積立投資成績はどうでしょうか?公平のために毎日10000円ずつ積み立てた場合のリターンを比較してみました。

為替ヘッジありなし積立成績


この比較時期に関しては、為替ヘッジなしが有利な期間が大半でしたが、だいたい同等程度のリターンとなりました。



わずかな期間の比較だけですが、為替ヘッジなしに投資している立場からすると、安心材料のひとつになっています。



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。