FC2ブログ

つみたてNISAで投資しているeMAXIS Slim先進国株と新興国株は未だ含み損です(2019/2/16)

木


2018年から始めた「つみたてNISA」ですが残念ながら含み損状態です。とは言え長期(20年後)で含み益であれば「バンザイ!」なのが積立投資というものなので、今後もめげずに続けていきたいと思います。



毎月10日、この日に特に意味はないですがeMAXIS Slim先進国株を25000円とeMAXIS Slim新興国株を8000円ほど購入しています。基準価額と購入日は次のようになります。

eMAXIS Slim 基準価額


丸い点が私の購入日です。2018年1月から「つみたてNISA」がスタートしましたが、新興国株はずっと下落して、最近少し回復、先進国株は9月まで上昇して12月末に大きく下落。



どちらも12月末に一括投資していれば一番安く買えましたが上手くいかないですね。だからこそのドルコスト平均法ですが。



最近は株価も戻って来たようなので、そろそろ含み益が出たかと証券口座を開いてみました残念ながら含み損でしたw



以下に総投入額(元本)とeMAXIS Slim先進国株と新興国株の評価額を示します。

eMAXIS Slim評価額


今だ若干の含み損ですが、大分回復してきたのが分かります。それに12月は株価が大きく下落しましたが評価額は、総投入額(元本)のラインからあまりズレてませんね。ドルコスト平均法ってこういうものです。



リーマンショック級の大暴落がくれば評価額も大きく元本を下回りますが、12月の下落ではこの程度です。逆にちょっと株価が上昇したくらいではそんなに儲からないということになります。



今後景気が後退して株価も大きく下落したときにしっかり積立を続けて、その後大きく株価が上昇するのを期待するのが「つみたてNISA」のスタンスかな、と考えています。



参考ですが、リーマンショック前からある「SMT グローバル株式インデックス」の基準価額と2008年3月末から毎月10000円を積み立てた場合の評価額を以下に示します。

SMT グローバル株式評価額


元本の2倍近くの評価額になってますね。20年後、私たちの「つみたてNISA」もこんな風になればいいですね。他力本願な感じですが今後も続けていきたいと思います。


つみたてNISA参考記事です。

 ■つみたてNISAはeMAXIS Slim先進国株式と新興国株式の2本に決めたよ

 ■「つみたてNISA」で商品選びに迷っている方には「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。