FC2ブログ

「強気相場の終焉」なんて囁かれ出すと利益があるうちに一般NISA枠で購入した投信を売却したくなります

下落



私は2018年1月から「つみたてNISA」を利用しており、年間120万円、運用期間5年間のNISA制度(本記事では一般NISAとします)は使用していません。


ただ、2017年に一般NISA枠で、たわら先進国株IFと楽天全米株式IFを購入しており、多少の利益が出ています。


皆さんご存知のようにNISA枠は、利益が非課税として優遇される制度ですが、損失が出ていると課税口座より損になる難しい制度です。詳しくは以下のサイトをご覧ください。


【外部リンク】NISAのデメリットと損失を出さないための対策


この2本の投信は、2021年12月まで、残り3年と1か月で利益が出ていないと何のメリットもなくなり、非常に残念な思いをすることになります。(<注>つみたてNISAを利用している場合、5年後に一般NISAをロールオーバーできなくなります


強気相場も10年続きましたが、最近はボラが高く、米国の金利上昇、米中貿易戦争など株価にネガティブな状況となってきています。また、エコノミストの多くが2020年末までに米経済はリセッション入りすると予想しているそうです。


さて、こんな状況で、今は利益が出ているが近い将来、損失を出す可能性が高い投信を一般NISA枠で保有しておくべきでしょうか?



私の考えは「No」です。



せっかく利益あるのに、もっと利益が欲しいからといって、数年後今より価値が下がる可能性が高いものを保有するのは、ただのギャンブルですよね。(課税口座なら話は別ですが、NISAは利益があるうちに売るか、課税口座に移管しないと損ですから


なので、タイミングを見て売却したいと思います。売れば数十万円にはなるので、今後株価が低迷していくなら、その時の買付余力として利用したいと思います。


NISA制度が恒久化してくれるといいですが、中々そうはいかないでしょうね。笑


これまでのイージーな相場は終わりそうな予感がするので、弱気相場を想定して、保守的に行動していこかなと。次の強気相場で儲けるためにも体力温存ですね。


それでは、今日は以上です。



つみたてNISAでは、以下の2本のファンドを購入しています。

【過去記事】つみたてNISAはeMAXIS Slim先進国株式と新興国株式の2本に決めたよ


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)