FC2ブログ

カンブリア宮殿を見て「ひふみ投信」を積立始めた姉と「ひふみプラス」を売却してしまった同僚の末路

ひふみ投信1
(画像引用元: レオス・キャピタルワークスWebサイト


去年、テレビ東京の「カンブリア宮殿」でレオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」が紹介されてから「ひふみ」の人気が凄いことになっています。


レオスは、次の3つの投資信託を運営しており、同じ「ひふみ投信マザーファンド」に投資しているため、投資方針、組入銘柄等はどれも同じです。言い換えると、リターン(儲かるお金)はどれに投資しても全て同じになります。


 ①レオスが直接販売している「ひふみ投信」
 ②他社で販売している「ひふみプラス」(SBI証券、楽天証券などのネット証券で購入可)
 ③確定拠出年金専用の「ひふみ年金」(SBI証券で購入可)


2018年5月現在「ひふみプラス」は、SBI証券の


   ・投信販売金額ランキング1位
   ・投信積立件数ランキング1位
   ・NISAランキング1位
   ・つみたてNISAランキング1位


と4冠に輝くほどの大人気です。テレビの影響は凄いですね。


私の周りにもカンブリア宮殿を見て「ひふみ投信」を積立始めた姉と「ひふみプラス」を売却した同僚がいるので紹介したいと思います。


ひふみ投信_藤野


藤野社長曰く、投資は、「汚いもの」「嫌いなもの」「悪いもの」と思われがちだが、実は未来につなぐもの人と人を繋ぐもの。そういう目で見れば「投資は人の愛」に近いもの。


欧米の家庭に比べ、日本人の多くは、金融資産を「貯蓄」で保有する。アンケートでは「投資は良くない行為」と捉える日本人は、今でも少なくないという。藤野氏はそんな“清貧の思想”こそが日本のお金の循環を硬直化させているという


ひふみ投信純資産
(画像引用元: レオス・キャピタルワークスWebサイト


実際に、2008年10月1日に「ひふみ投信」が設定されたときの純資産総額は1億5000万円。それから10年間、資金を集め、投資により倍増さすことで、2018年5月現在、純資産総額1450億円の巨大ファンドに成長した。


ひふみ投信の成長を喜ぶ人たち(テレビ)

カンブリア宮殿では「ひふみ投信」に投資して大金を手にした人たちが紹介されました。


ひふみvs日経平均
(画像引用元: Yahooファイナンス
青字: ひふみ投信、 赤字:日経平均株価、 緑字: JASDAQ

ここ数年、株式相場は良好で、株を買って気絶していれば、株価は数倍になるボーナスタイムで、「ひふみ投信」以外の投資信託にも大きく成長したものもあります。しかし、5年間日経平均株価1.5倍JASDAQ1.8倍と成長する中、「ひふみ投信」の基準価額(投信の価格)はそれらを大幅に上回る2.5倍になっています


テレビを見る人

テレビで、「ひふみ投信」を見て影響を受けた人たちから一斉に「ひふみ」に資金が集まりました。


テレビを見て不安

しかし、この様子を見て、以前から「ひふみ投信」「ひふみプラス」に積立てている人達の中には、不安を感じる人もいたようです。


カンブリア宮殿の放送の1年半前に投資に目覚めた私の同僚Aは、ボーナスの半分(約50万円)で「ひふみプラス」を一括購入。数万円の含み益を得ていたがテレビを見てから、「ひふみの今後」について不安視するブログを見て、怖くなって「ひふみプラス」を全て売却してしまいました。


ビットコインに手を出す

「ひふみプラス」を売却して直ぐに、同僚Aは流行りのビットコインなどの仮想通貨に手を出すことに。2017年は絶好調で、「ひふみプラス」を売却して得た約60万円が仮想通貨への投資で2倍以上に!


ビットコイン下落


その後、2018年の仮想通貨暴落に巻き込まれ、元本60万円は5分の1以下の10万円に。。。結局ここで損失を確定させたため、彼の生涯投資成績は、-50万円になりました。



実際、彼が「ひふみプラス」を売却せずにホールドしていれば、今頃50万円は1.6倍80万円になっています。




一方、カンブリア宮殿を見ていた姉から僕に電話があった。

電話姉との


僕は、「ひふみ投信」について知っている情報を伝え、自分がやっている世界分散投資とは違うけど、これまでの成長は「ひふみ投信」の方が上で、今後「ひふみ投信」1本の投資もアリじゃないかと話した


web口座開設

また、Webで簡単に口座開設できるのも始めやすい理由だったようです。参考にひふみ投信口座開設Webページへのリンクを以下に貼り付けました。

【外部リンク】かんたん・あんしん ひふみ投信



因みに、「ひふみ投信」は順調に基準価額を伸ばし、2017年4月から毎月5万円ずつ13か月積立続けた結果、

積立額: 65万円
評価額: 71万円8111円(+6万8,111円



ひふみが成長して喜ぶ姉


藤野社長がおっしゃられているように、日本人にとってまだまだ「投資」は、悪いもの、危険なものと思われがちですが、私の姉のように、たまたまテレビで見た「ひふみ投信」の積立を貯蓄感覚ではじめ、13か月で約7万円のリターンを得ることもあります。


始めるタイミングが良かっただけ、という考え方もできますが、リスクを取ることで銀行預金などでは得られないリターンが得られたことに素直に喜んでいる様子でした。


ひふみ投信に興味がある方は、以下の公式サイトをご覧ください。

【外部リンク】レオスのひふみ投信




※本サイトの内容は将来の投資成果を保証するものではありません。くれぐれも投資判断は自己責任でお願いします。

もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)