スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国株ブロガーの影響を受けて楽天・全米株式インデックスF(楽天VTI)を妻の「つみたてNISA枠」で購入したいと話していた同僚に言ったこと

びっくりマークの男



最近では、私の職場でも「つみたてNISA」や「iDeCo」といったキーワードを耳にする機会が多くなり、少し先に長期投資を始めた自分としては、自分の行動が同僚たちに認められたようで少し嬉しい心境です。


先日も今年の1月から「つみたてNISA」を始めた同僚から質問を受けました。


現在、彼はemaxis slimシリーズの先進国株式、新興国株式、日本株式の3本に毎月1万円ずつ(合計3万円)投資しているそうです。


商品や配分を決めた理由を聞いてみると、該当商品の中から信託報酬が一番安いものを選んだ。分散が重要だから3本買うことにした。(1:1:1という配分に根拠はない)ということでした。


ここからが彼の質問で、某有名米国株ブロガーが「楽天・全米株式インデックスF(楽天VTI)」を「つみたてNISA商品」として薦めていたので購入しようと思うが何かアドバイスはないか?という話だった。


もう少し詳しく聞いてみると、自分の「つみたてNISA枠」の商品は変更したくない。企業型確定拠出年金も行っており、MSCIコクサイをベンチマークとする先進国株式インデックスファンドを毎月2万円積立しているが、楽天VTIが対象商品にないので変更できない。


でも、分かりやすい説明で好印象の米国株ブロガーお勧めの楽天VTIを買えば絶対儲かるはずだから、妻の「つみたてNISA口座」を新たに開設してでも購入したい。


つまり、彼は、先進国株式(ベンチマーク:MSCIコクサイ)を3万円、新興国株式を1万円、日本株式を1万円の計5万円ほどを毎月購入しており、追加で楽天VTI(米国株式)を毎月いくらほどか購入したい。とのことだった。




僕は少しだけ彼に質問してみることにした。

「VTIは、米国株式市場全体を投資対象としていて3500以上の幅広い銘柄に分散投資しているけど、MSCIコクサイの米国株式比率はどれくらいあるか知ってる?


彼の答えはNoだった。僕は続けて話した。


「MSCIコクサイの米国株式比率は約60%だから、君の現状の資産配分の約6割は、先進国株のはずだから、全体の36%が米国株だけど、もっと米国の割合を増やしたいの?

「えっそうなの?よくわからないね。。。」

「ちなみに米国株の割合を増やすだけなら、楽天VTIを追加で購入せずともemaxis slim先進国株式の割合を増やせば可能だよ。」

「それと、楽天VTIは良い商品だけど,組入上位銘柄は、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベットなどの超有名企業で、それはemaxis slim先進国株式などのMSCIコクサイをベンチマークとするインデックスファンドも同じだよ。」

「えっそうなの?まったく知らなかった。。。楽天VTIを買えば必ず儲かると思ってた




楽天VTIという商品はお勧めだけど、以下の4つを試すようにアドバイスした。

①住宅ローンなどの借金返済、子供の養育費、生活費、生活防衛資金などを考慮して投資に回せる金額を決めること

②自分のリスク許容度を考慮して、積立額が大きくなったときのリスク資産と無リスク資産の配分を考えること

myINDEX というサイトで自分のアセットアロケーションのリスク、リターンについて計算すること

④交付目論見書、運用報告書を読んで、自分が購入するファンドについて理解すること



インデックスファンドを利用した長期投資も資産配分を決めて、ある程度の考え方を理解すれば「ほったらかし」も可能だと思うが、他人のお勧め商品を内容も理解せずに買うだけだと、暴落時の狼狽売りに繋がるので注意が必要だと思う


ブロガーはあくまで「つみたてNISA」を対象にお勧め商品の話をしているだけで、読者の資産状況、年収、キャッシュフロー、投資に関する知識などは把握していないので、あなたにとっての最適解ではないかもしれないことに注意が必要だと思う。



後日彼から、毎月のローンや養育費を考えると、追加で楽天VTIを購入するのは無理だから、アセットアロケーションについてもう少し勉強して、emaxis slimシリーズの購入する配分を変更してみようと思う。「相談にのってくれて、ありがとう」という言葉を貰った。



個人的には「つみたてNISA」の商品選びに迷っている方には、資産配分やリバランスを考えなくても済む「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています。

【関連記事】「つみたてNISA」で商品選びに迷っている方には「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています


【関連記事】楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)は楽天証券で買うのがお得!?



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。