FC2ブログ

【つみたてNISA】EXE-iつみたてグローバル(中小株含む)株式ファンドと楽天全世界株(楽天VT)はどちらが良いの?

株価上昇


こんにちは。りある・むえです。


前回の記事で、EXE-iつみたてグローバル(中小株含む)株式ファンドが楽天VTと比べ、あまり売れていないことをお伝えしました。

【過去記事】EXE-iつみたてグローバル(中小株含む)株式ファンド、今のところ「楽天VT」の牙城にまったく迫れず


この調査から一か月経過したので引き続き両者を比較してみようと思います。その前に取りあえずおさらいです。


■ベンチマーク
両者ともに「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」がベンチマークで、先進国や新興国を含む47ヵ国の約8,000銘柄の大型、中型、小型株で構成されており、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしているのが特徴です。


■信託報酬(税込み)
EXE-iつみたてグローバル(中小株含む)株式ファンド: 年0.150%
楽天VT: 年0.2396%


楽天VTの方が年0.08396%コストが高いようですが、実際のリターンはどうなっているのでしょうか?確認してみましょう。



リターン比較


EXE-iつみたてグローバルがリリースされた2017年12月6日を基準(楽天VTの基準価額もこの日を10000円と仮定)として両者を比較しました。(基準価額は運用会社のサイトからダウンロードしました)


楽天VT-EXEリターン


前回の記事での比較では、楽天VTの方が良い印象でしたが、差が無くなってきた印象です。


EXE-iつみたてグローバルがリリースされた2017年12月6日から1年後に両者を比較したときに信託報酬分(あるいは実質コスト)のリターン差がでているか気になるところです。




資金流入比較


楽天VTの総資産額は、リリースから約5か月で45億円
EXE-iは、リリースから約3か月で5億円

と楽天VTの圧勝ですが、EXE-iつみたてグローバルが設定された2017年12月6日(この日の資産を両ファンドともにゼロとする)からの純資産総額推移を比較してみます。

楽天VT-EXE資産


前回同様に楽天VTの圧勝ですね。


後出しでコストの低いファンドを出したSBIアセットマネジメントですが、投信ブロガーから評価が高い「バンガード社」が運用する「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」を買うだけという楽天VTの分りやすい魅力の前に資金が集まっていないようで、差はどんどん広がってきているように感じます


残念ながら資金が集まっていないファンドをお勧めできないので、全世界株に投資したい方には、楽天VTをお勧めしますリターンに差がないなら20年後に生き残れそうな売れてるファンドを買いましょう!

【参考記事】「つみたてNISA」で商品選びに迷っている方には「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています




楽天VTを購入する証券会社選びでお悩みの方は以下の記事を参考にしてください。

【参考記事】楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)は楽天証券で買うのがお得!?



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)