楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)は楽天証券で買うのがお得!?

世界地図



2018年1月に発表された「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017」で見事1位に選ばれた「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」ですが、今日はどの証券会社で購入するのがお得か紹介したいと思います。

FOY2017.jpg
(画像引用元: 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017




現在の取扱証券会社は以下の通りです。

販売会社ウェブサイト
楽天証券公式サイトへ移動
SBI証券公式サイトへ移動
マネックス証券リンクなし
エイチ・エス証券リンクなし
立花証券リンクなし
松井証券リンクなし
ジャパンネット銀行リンクなし
岡三オンライン証券リンクなし
三井住友信託銀行リンクなし
カブドットコム証券リンクなし


表より、10社で取り扱いされていることがわかりますが、低コストファンドを購入する場合、結局「楽天証券」か「SBI証券」のどちらかを選べば間違いありません。


なぜかと言うと、低コストファンドは、どこで買っても買付手数料、信託報酬などのコストは同じですが、「楽天証券」や「SBI証券」などの最大手ネット証券では、投資信託を保有しているだけでポイントが付与されるためです。


他の証券会社にもポイント付与サービスはありますが、低コストファンドには適用されないことがほとんどです。


つまり、ポイントを多く付与してくれる証券会社を選んだ方がお得ということになり、「楽天VT」の場合は「楽天証券」で購入するのがもっとも条件が良いことになります。




各証券会社の「楽天VT」に対するポイント付与は以下の通りです。

楽天証券: 年率0.048%(楽天スーパーポイント)
SBI証券: 年率0.03%(SBIポイント、Tポイントに等価交換可能)



100万円を投資した場合、年間480円のポイント付与というと、わずかなイメージですが、メガバンクの定期預金金利が0.01%以下であることを考えるとバカにできない金額です


また「つみたてNISA」などで積立期間が長くなり、投信残高が大きくなると、このポイント付与が大きく効いてきます。


そもそも「楽天VT」は「楽天投信投資顧問株式会社」が運用しているファンドなので楽天証券で購入することが1番なのは当然の結果と言えますね。


ただ、楽天証券でポイントを得るためには、「楽天銀行」と「楽天証券」の口座連携サービス「マネーブリッジ」および、「楽天銀行ハッピープログラム」に登録の必要があるので注意してください。


■マネーブリッジ、ハッピープログラムのうれしい特典

特典1: 普通預金金利が5倍にUP

楽天金利5倍



特典2: 楽天銀行と楽天証券の間で24時間リアルタイムで入金可能。手数料無料

楽天24h



特典3: ハッピープログラムにエントリーしていれば、楽天証券での取引に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。(投信残高10万円ごとに4ポイント/月)

楽天ポイント


また、楽天証券で口座を開設して、「マーケットスピード」というソフトをインストールすると無料で日経新聞を閲覧できるのもありがたいサービスです。

 ・楽天証券
 ・楽天銀行



私がメイン口座としているSBI証券では、ポイント付与率はわずかに低いですが、Tポイントに変換できることから愛用しています。

 ・SBI証券




楽天・全世界株式インデックスファンドをお勧めする理由は以下の記事を参考にしてください。

【参考記事】「つみたてNISA」で商品選びに迷っている方には「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)