SBI証券のeMAXIS Slim先進国株のポイント付与率は、楽天証券より低い0.03%に決定

紹介人



昨日からeMAXIS Slim先進国株の信託報酬(税抜き)が0.1095%に引き下げられました。たわら男爵さんの速報によると、それに伴い、SBI証券の投信保有ポイントの付与率が0.05%から0.03%に減額されたようです。



信託報酬率(税抜)の合計ならびに配分は下表の通りです。

合計 委託会社 販売会社 受託会社
0.10950%0.04475%0.04475%0.02000%
引用元: 交付目論見書(PDF)


販売会社であるSBI証券の取り分は、0.04475%なので投信保有ポイント0.03%を付与したのちの利益は、0.01475%となります。


一方、楽天証券では赤字になるにもかかわらず「eMAXIS Slim先進国株」の保有に対して、0.048%のポイントが付与されるようです。


近年、インデックスファンドの低コスト化が急速に進み、激しい生存競争が繰り広げられていますが、販売会社の最大手であるSBI証券と楽天証券の手数料競争も激化しています。


今のところ「eMAXIS Slim先進国株式」や「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」などの超低コストファンドを購入する場合、楽天証券を選んだほうが、わずかにお得な状況となっています


したがって、これから「つみたてNISA」などでインデックスファンドの購入を検討されている方は、楽天証券が第一候補となるのではないでしょうか?


ただ、楽天証券でポイントを得るためには、「楽天銀行」と「楽天証券」の口座連携サービス「マネーブリッジ」および、「楽天銀行ハッピープログラム」に登録の必要があるので注意してください。


■マネーブリッジ、ハッピープログラムのうれしい特典

特典1: 普通預金金利が5倍にUP

楽天金利5倍



特典2: 楽天銀行と楽天証券の間で24時間リアルタイムで入金可能。手数料無料

楽天24h



特典3: ハッピープログラムにエントリーしていれば、楽天証券での取引に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。(投信残高10万円ごとに4ポイント/月)

楽天ポイント


また、楽天証券で口座を開設して、「マーケットスピード」というソフトをインストールすると無料で日経新聞を閲覧できるのもありがたいサービスです。

 ・楽天証券
 ・楽天銀行



私がメイン口座としているSBI証券では、ポイント付与率はわずかに低いですが、Tポイントに変換できることから愛用しています。

 ・SBI証券




以下の関連記事も併せてご覧ください。

つみたてNISAはeMAXIS Slim先進国株式と新興国株式の2本に決めたよ
今後のeMAXIS Slim先進国株式のリターンが超期待できる理由



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)