スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「つみたてNISA」がお勧めの理由!コツコツ投資を継続する仕組みを作って暴落を乗り切れば元本2倍も夢じゃない!?

海辺の人たち


こんにちは。りある・むえです。


私の職場でも「つみたてNISA」をきっかけにインデックス投資を始める方がチラホラでてきました。そんな中、昼食の時にこんな会話がありました。


同僚A「つみたてNISAってどう思う?銀行預金より良いらしいよ」

同僚B「止めたほうがいいよ。ここ数年株価がずっと上がってたから、これから株価は下がると思うよ」

同僚B「それに10年に1回の周期で暴落が起こってるらしい。リーマンショックから約10年経つから、そろそろ暴落するかもよ

同僚A「えっ~、難しいね、株って。止めとこうかな~」

僕「。。。」



私の同僚が言うように、ここ数年強気相場が続いていたので、そろそろ利益確定のための調整があるかもしれませんし、以下の図に示すように、10年に1回程度の割合で大暴落が起きているのも事実です。


市場暴落



このような事実を踏まえても長期投資のバイブル本「敗者のゲーム」は手数料の低いインデックスファンドに長期投資することを推奨しています。


そして、株価が高い時も安い時も買い続けた結果、10年、20年後には元本を超える大きな利益をもたらしてくれると述べています。


これは本当でしょうか?


2008年9月にリーマン・ブラザーズの破綻がきっかけで世界金融危機が起こり、世界中の株式評価額が半分以下になりました。では、その少し前、2008年1月から現在までの約10年間、インデックスファンドに積立投資し続けた方のリターンはどうなっているのでしょうか?


目も当てられないような悲惨な結果でしょうか?それとも「敗者のゲーム」が述べるような素敵な結果でしょうか?検証してみようと思います。



方法は簡単で、以下の2つのインデックスファンドに毎月1万円ずつ積立続けることにします。

 ①日本を除く海外先進国の株価に連動するもの
 ②TOPIXの株価に連動するもの


①、②の代表として、2008年当時から運用されているSMT グローバル株式インデックス、SMT TOPIXインデックス・オープンを利用します。


早速ですが、両ファンドの基準価額と米ドル/円の推移です。

SMT基準価額


両方とも2008年にリーマンショックの影響で株価が低下し、2012年頃から上昇しています。これから「つみたてNISA」を始めた矢先に、こんな大暴落に遭遇したら災難以外の何物でもないでしょうね







では、気になる積立投資のリターンを確認してみましょう。例として毎月1万円ずつ積立てた場合のリターンを以下に示します。

SMTリターン


結果はグラフに示すように、両ファンドともに10年で約2倍のリターンになりました。


なぜこのような結果になるかわかりますか?


積立初めて数か月で株価が半分になり、その後、約4年間低迷を続ける悲惨な状況ですが、その期間に安く、大量にインデックスファンドを購入できています。


一方、各国の政府は、景気回復のために経済政策を行い、株価は徐々に回復していきます。現在では金融危機後の低迷時から3倍程度株価が上昇したことによって、リターンが元本の2倍となる結果になりました。


この結果をみると、今後すぐに株価暴落が起こったとしても「つみたてNISA」をやってみる価値があるように思うのですがいかがでしょうか?


しかも、今回の検証に使用したファンドと比べ、最近のインデックスファンドのコスト(信託報酬)は半分以下になっています。さらにNISAの運用益は非課税です。



国が国民の資産形成のために作った制度をうまく利用して、 将来の生活や夢の実現のために役立てたいですね。






「つみたてNISA」の利回りについては、以下の記事を参考にしてください。

 ■積立NISAの恐るべき利回り!元本割れの確率は1割以下?




つみたてNISAの購入タイミング、お勧め商品は以下を参考にしてください。

 ■つみたてNISAはいつ買うの?毎月?毎週?毎日?それとも年初に一括投資?
 ■つみたてNISAはeMAXIS Slim先進国株式と新興国株式の2本に決めたよ
 ■「つみたてNISA」で商品選びに迷っている方には「楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)」をお勧めしています



長期積立投資の利点について学びたい方は以下を参考にしてください。

 ■日経平均とS&P500の積立投資のリターン推移を見比べると、積立投資ってステキだと感じるのは私だけですか?



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。