つみたてNISAはeMAXIS Slim先進国株式と新興国株式の2本に決めたよ

ひらめいた男2


こんにちは。りある・むえです。


今年から始まる「つみたてNISA」で購入するファンドをeMAXIS Slim先進国株式とeMAXIS Slim新興国株式の2本に決定しました。



つみたてNISAの資産配分について

因みに、これまで特定口座では、日本株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2くらいになるように積み立ててきました。(日本株式、新興国株式比率はもう少しありますが、小数点以下は省略)


他のインデックス投資ブログなどを拝見していると時価総額比率である日本株式:先進国株式:新興国株式=1:8:1を好む方が多いようですが、これだと日本株、新興国株の割合が少なすぎて、リターンもリスクもほとんど先進国株式だけで決まってしまうので、私はこの配分が好きではありません。


それなら、先進国株式オンリーでいいじゃないか?となるのですが。。。実際にそれでも良いと思います。(購入するファンドも1本と楽だしね)ただ、私は世界分散を基本と考えているので、先進国株以外の日本株式と新興国株式を足して全体の3割強になるように投資しています。(時価総額比率、GDP比率ともに目安であって大事なのは、そこそこ分散することだと考えています


つみたてNISAでも同様に、日本株式:先進国株式:新興国株式=1:7:2くらいになるように積み立てるか迷いましたが、せっかく長期運用で非課税のメリットを受けられる制度なので、将来人口減少が予想されている日本より、人口増、経済成長が予想されている国に多く投資したいと考えて、先進国株式と新興国株式だけを「つみたてNISA」の投資先に選びました。


日本株式は、特定口座でニッセイTOPIXインデックスファンドを購入するとして、「つみたてNISA」は、eMAXIS Slim先進国株式:eMAXIS Slim新興国株式=7:3で購入していくことにしました。




なぜeMAXIS Slimなのか?

他の候補として、先進国株式と新興国株式ならば、1本で投資できる「野村つみたて外国株投信(信託報酬:0.2052%)」もありますが、新興国株式の割合が12%と少なく、私の理想の配分にするには、eMAXIS Slim新興国株式を余分に買います必要があります。結局2本になるので好ましくありませんし、信託報酬もeMAXIS Slimと比べるとお高くなっています。


と言うことで単純に最安ファンドの組合せでいくことにしました。

・eMAXIS Slim先進国株式インデックス 信託報酬:0.1095%
・eMAXIS Slim新興国株式 信託報酬:0.2052%


eMAXIS Slimは、業界最低水準のコストを目指し続けるインデックスファンドと明言し、実際に機動的に値下げを繰り返してきた実績があり、既存のeMAXISシリーズで運用の高さも証明されているので、安心して長期で投資するファンドとして選択できると思います。




eMAXIS Slim先進国株式のリターンに期待できる理由は以下の記事をご覧ください。

今後のeMAXIS Slim先進国株式のリターンが超期待できる理由


eMAXIS Slim先進国株式に対するネット証券会社のポイント付与は以下の記事を参考にしてください。

SBI証券のeMAXIS Slim先進国株のポイント付与率は、楽天証券より低い0.03%に決定



もし記事がお役に立てばクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)