山崎元氏が推奨する先進国株6割:日本株4割のポートフォリオの効果は?

PC.jpg


こんにちは。「りある・むえ」です。


今日は、山崎元氏の推奨ポートフォリオについて考察してみます。


彼の推奨ポートフォリオは、無リスク資産は個人向け国債で管理し、リスク資産は、先進国株6割:日本株4割で投資するというものです。

【参考記事】老後向けの投資は「3種類」で十分な理由


方法は簡単で、以下の2つのインデックスファンドを持ち続けるだけ。

 ①日本を除く海外先進国の株価に連動するもの
 ②TOPIXの株価に連動するもの


①、②の代表として、SMT グローバル株式インデックス、SMT TOPIXインデックス・オープンを設定来(2008年1月9日)から積立続けた場合を想定して検証します。


基準価額の比較です。
SMT基準価額


両方とも2008年にリーマンショックの影響で株価が低下し、2012年頃から上昇しています。どちらも米ドル/円の推移と似ていることから、為替の影響を強く受けているのが読み取れます。分散の効果は少ない気が。。。


次に、毎月1万円ずつ積立てた場合のリターンの比較です。
SMTリターン

大半の期間で、SMTグローバル株式インデックス(先進国株)のみの方が、先進国株6割:日本株4割の組合せより、リターンが高かったことが分かります。


また、グラフから分るように、TOPIXを加えることで標準偏差(リスク)を低下させる効果はほとんどありませんでした。


ただし、過去においては、あまり有効な資産配分ではなかったようですが、未来では非常に効果的なのかもしれません。


ただ、私は、日本株式:先進国株式:新興国株式=2:6:2くらい?あるいは日本株式を少し減らして、新興国株式を少し増やすくらいの配分が好きです。時価総額比率だと先進国株式が多すぎて、あまり好きではありません。


とは言っても大切なのは理想のアセットアロケーションを追い求めるよりも世界分散して継続すること。そして出口を考えることだと考えています。


どれか一つだけ商品を選ぶなら山崎氏同様に、VTか野村つみたて外国株投信を選択すると思います。


今日は以上です。



■関連記事

私のアセットアロケーションと保有ファンド一覧(2017年1月)


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

はじめまして
私は、山崎先生の「ほったらかし投資術」を読んで2016年の4月頃からインデックス投資をはじめたものです。

リスク資産のアセットアロケーションは、紹介されているニッセイ外国株6割、ニッセイtopix4割です。
貴殿の記事を読んで、資産配分を変更しようかと悩みはじめました。
山崎先生推奨の資産配分はあまり良くないのでしょうか?

Re: タイトルなし

>インデックス投資家さま

コメントありがとうございました。次回の記事で回答させていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)