スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味に没頭していてインデックス投資をしていることを忘れていましたが、資産は増加していました!!

ライフプラン


皆さんこんにちは。
インデックス投資ブロガーであることを忘れて、キックボクシングに専念してブログを書いていなかった「りある・むえ」です。



毎日のように練習にあけくれていたので、ブログを書いていないだけでなく、株価の推移も新規ファンドの情報も他の投資ブログもウォッチしていませんでした。汗



ところがどっこい全治3週間の怪我を負いました。すごく痛いです!



「イタイのイタイのとんでけ~」という魔法の言葉も効果がないほどです。涙



急に暇になったので、ここ二ヶ月あたりのインデックス投資界隈の情報を収取してみることにしました。(相互リンク先のブログを斜め読みして、ブログ村の気になる記事を読むだけなので、すぐ終わりました)



私が驚いた情報

浦島太郎状態の私が驚愕したのは以下の3点です。


eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの登場
信託報酬は、驚愕の税抜き0.34%!!!
マザーファンドは、既存のeMAXIS新興国株式と同じなので、実質コストが出るのを待ったりせずに、早速乗り換えました。



iFree S&P500インデックスの登場予定
インデックス投資ブロガー待望のS&P500に連動したファンドが登場したようです。信託報酬は税抜0.225%とiFree NYダウと同じです。たわら男爵さんのブログによると、マザーファンドを新設して、現物株主体で運用するとのことです。



日本ではじめて、ゼロからS&P500のマザーファンドを立ち上げたことは本当に素晴らしいことだと思います。ただ、私は既に“iFree NYダウ”と“たわら先進国株”を通じて米国の企業に投資しているので、 今のところ購入は考えていません。



世界分散投資を基本としているのでS&P500への執着は少ないですね。今後マザーファンドの運用が安定するようでしたら、“iFree NYダウ”からの乗り換えを考えるかもしれない。そんなイメージです。



吊ら男さんが投資本を出版
有名インデックス投資ブロガーの吊ら男さんが「毎月10分のチェックで1000万増やす! 庶民のためのズボラ投資」という本を出版されていました。


凄いですね!自分は、たまにツイッターで口論したりしていましたが、本を出版されたりするのは、素直に凄いことだと思います。頭の良い人ですね。これからもがんばってください。




で、資産額はどうなった?

証券口座の総資産(投資信託+投資待機金)をいつ頃からか確認していませんでしたが、いつの間にか400万円を超えていました。(以前は300万円台だったのに。。。)


ズボラというか。。。好きなことに没頭していて自動でインデックスファンドを積立てていただけですが資産が増加している状況です。(証券口座内の投資待機金で投資信託を購入しているので、単純に投資信託の評価額が上昇していることが読み取れます)


だから、私のように趣味に没頭したい人、あるいは仕事や家族サービスを大切にしたい人に、インデックス投資(長期積立投資)はお勧めの投資方法だと思います。(リスク資産への投資であるため元本割れのリスクは当然あることに留意ください)




ちょっとまとめ

これまで幣ブログで何度も述べていますが、私が主に投資しているMSCIコクサイや米国株式は長期的には右肩上がりの相場です。したがって、これらに毎月積立投資した場合、大きなリターンを得ることができます。


以下の過去記事では、S&P500(株価は36年間で20倍以上上昇)に過去36年間毎月積立投資した場合、約5倍のリターンを得られることを説明しています。言うまでもありませんが、MSCIコクサイやNYダウに投資しても同じような結果を得られます。


 ■バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!



皆さんご存知のように、MSCIコクサイや米国株式が右肩上がりに成長している一方、日経平均は長期的に上下に変動しているだけでまったく成長していません。それでも、2000年1月~2017年2月まで毎月積立投資した場合、約1.6倍のリターンを得られることを以下の過去記事で説明しています。


 ■日経平均とS&P500の積立投資のリターン推移を見比べると、積立投資ってステキだと感じるのは私だけですか?


長期積立投資にもリスクは当然ありますが、とても素敵な手法であることを歴史が物語っています。



で、どうやって長期積立投資を行うか?
国が、「国民の資産形成」のために用意してくれた「iDeCo」や「積立NISA」を使って、毎月強制的に一定額を投資し続ければ良いと思います。


で、どの商品を積立てるか?
投資信託1本で世界中の株式、債券などに分散できるバランスファンドがお勧めです。さらに、バランスファンドの中でも「iFree8資産バランス」が良いと思います。それ1本で世界中の株式、債券だけでなくリートにも投資ができて、信託報酬0.23%という激安インデックスファンドです。


今のところ、IDeCoで「iFree8資産バランス」に投資できるのはSBI証券の確定拠出年金積立プランのみとなっています。


SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)


私たち一般的な個人投資家にとって、継続しやすい「資産形成」とは「財形貯蓄」のような毎月コツコツ続けていれば、いつの間にか大きな金額になるような。そんなモノではないでしょうか。



以下、iDeCoや積立投資の関連記事です。参考にご覧ください。

 ■個人型確定拠出年金で25年間、元本保証商品を積立てると150万円以上節税メリットがあるってホントですか?

 ■資産形成するならiDeCoや積立NISAでインデックスファンドをコツコツ積立てた方が米国株ETFオンリーより初心者向きじゃないかな

 ■個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ本3選!

 ■SBI証券・楽天証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理手数料を条件なしで無料に!


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。