スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひふみプラスを売却して得たお金で「たわらノーロード先進国株式」を購入しました

積立


以前から米国株式への投資を検討していたレオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」が遂に米国株への投資を開始したことを菟道りんたろう氏のブログで知りました。

【外部リンク】ひふみ投信が米国株への投資を開始―運用戦略は新たなステージに突入



マザーファンドの純資産が2000億円を超え、流動性の面からこれまでの様な日本の中小型株中心の投資が困難となることから、資金の一部を日本の大型株ではなく、米国株へ投資することを選択されたようです。



以下の記事でも紹介したように「ひふみ投信」は、過去5年間に対して、日経平均、TOPIXだけでなく好調なJASDAQもアウトパフォームするという素晴らしい成果を出しています。

【過去記事】ひふみ投信は「厳選アクティブ投信」だと実感できたバフェット太郎氏の記事


ひふみ投信vs日経平均vsTOPIXvsJASDAQ

ひふみ投信vs日経平均vsTOPIXvsジャスダック


それだけでなく、ここ最近の成績も私がメインに積立てている「たわらノーロード先進国株式」より良好なようです。


ひふみ投信vsたわらノーロード先進国株式

ひふみ投信vsたわら




では、なぜ「ひふみプラス」を売却して「たわらノーロード先進国株式」を買うのか?



①積立はしておらず、保有口数も少ない
ひふみプラスはNISA枠で一括購入して保有していただけで、積立は行っていないので、もし今後、基準価額が2倍になったとしても私の利益はたかが知れています。



②今後20年間保有し続けるならインデックスファンドを保有しつづけたい
以下の記事で、純資産の増加に伴い大きな方向転換を強いられている「ひふみ」に是非がんばってほしいというメッセージを書きました。

【過去記事】『「インデックス投資」は危険!日経平均は、もう死んでいる』と主張していた藤野氏に今後の「ひふみ投信」はどうなるのでしょうか?とお伺いしたい。



その気持ちは今も変わっていませんが、「ひふみ」の運用戦略変更のニュースをキッカケに今後も保有し続けたいか?自問自答してみました。



今後「ひふみ」の運用戦略変更は吉と出るかもしれませんが、10年、20年先の世界経済の成長とどちらを信頼できるかというと私は後者を選択しました。



と言うわけで利益が出ている「ひふみプラス」を今のうちに売却して得たお金で、

  ・たわらノーロード先進国株式
  ・たわらノーロード新興国株式
  ・ニッセイTOPIXインデックスファンド

をスポット購入しました。



やはり、成長を信じて、迷いなくお金を投入できるインデックスファンドがいいですね。今後も世界経済の成長を信じて、インデックスファンドを買い増していくつもりです。



以下の積立投資関連記事も併せてご覧ください。

日経平均とS&P500の積立投資のリターン推移を見比べると、積立投資ってステキだと感じるのは私だけですか?

資産形成するならiDeCoや積立NISAでインデックスファンドをコツコツ積立てた方が米国株ETFオンリーより初心者向きじゃないかな

積立投資は10年続けよ!為替の乱降下恐れるべからず!S&P500への10年間(日本円)積立リターンの推移から見える真実 「勝率」8割超え

個人型確定拠出年金で25年間、元本保証商品を積立てると150万円以上節税メリットがあるってホントですか?

投資信託を毎月5万円積立てるのと毎年60万円積立てるのって、どっちが有利か知っていますか?答えは。。。


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。