スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、世界経済インデックスファンドの純資産総額の増加が他のバランスファンドと比べてハンパないようです

世界経済インデックスファンド-アイキャッチ
(図は交付目論見書より)



ここ最近の世界経済インデックスファンドの勢いは凄まじいものがあります。
早速ですが設定来からの純資産総額の推移は次のようになります。


世界経済インデックスファンド-純資産推移
(引用元:http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_39/


グラフの赤丸で囲った期間(2017年4月19日~6月2日)の純資産総額の増加が右肩上がりというより真上に向かって伸びています。具体的には、2017年4月19日に、240億円だった純資産は6月2日には、353億円に到達しました。2ヶ月経たずに約100億円の資金が流入したと推測できます。



近年のインデックスファンドの低コスト化に全くついてきていないファンドにも関わらず、純資産の増加は目を見張るものがあります。



つい最近(2017年5月9日)、信託報酬最安値のバランスファンドであるeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)が設定されたことで、この格安ファンドに資金が集まるのではないかと予想していたのですが、どうやらもっとも資金を集めているバランスファンドは世界経済IFのようです。



参考に、eMAXIS Slim バランスの設定日(2017年5月9日)から、4つのバランスファンドの純資産額の増減を比較してみました。


バランスファンド-純資産
eMAXIS Slim バランス:https://emaxis.muam.jp/fund/252760.html
iFree 8資産バランス:http://www.daiwa-am.co.jp/funds/detail/detail_chart.php?code=3319#chart1
セゾン・バンガード・GBF:http://www.saison-am.co.jp/fund/vanguard/



eMAXIS Slim バランスの信託報酬は、0.22%(税抜き)と世界経済IFの0.50%(税抜き)と比べ圧倒的に安いのですが、人気は、ダントツで世界経済IFのようです。



世界経済インデックスファンド-特色


世界経済インデックスファンドの基本組入比率は、地域別(日本、先進国、新興国)のGDP比率を参考に決定されるため、各市場の「GDP比率」の変化がリアル・タイムで反映されるようなイメージとなります。



株式、債券ともに地域別の「GDP比率」に合わせて保有することで「世界経済全体の発展を享受する」という万人が納得しやすいコンセプトで人気があるようですが。。。



それにしても最近の人気は凄まじい勢いです。
他のファンドは、コストを下げても太刀打ちできないようですが、どのように対抗していくのでしょうか?今後の経過をウォッチしていきたいと思います。



それにしても、インデックスファンドの低コスト化が進んでも比較的高コストな世界経済インデックスファンドが人気というのは複雑な気分ですね。



ただ、同じようなGDP比率のバランスファンドが低コスト且つカッコイイネーミングで登場すれば、大人気となるのは間違いないように思います。


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。