SBI証券・楽天証券 個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理手数料を条件なしで無料に!

握手


両社ともこれまでは、確定拠出年金の残高もしくは拠出額累計が数十万円以上で運営管理手数料(口座管理手数料)無料という条件でしたが、SBI証券は、2017年5月19日から、楽天証券は、本日5月18日から、iDeCo運営管理手数料が、条件なしで誰でも0円に改定されました。(条件なしで手数料が無料になる金融機関は、この2社のみです)


【参考記事】SBI証券はiDeCoの手数料がみんな0円に!【5/19(金)から】

【参考記事】iDeCo運営管理手数料改定!条件なしで誰でも0円に!(楽天証券)



新料金体系


SBI証券・楽天証券の新料金体系の年間手数料の内訳は次のようになります。全てのお客様が対象です。

加入者の方の場合 (毎月掛金を拠出している方)

支払先手数料
国民年金基金連合会 (各社共通)1,236円
事務委託先金融機関 (各社共通)768円
金融機関によって異なる運営管理手数料無料
合計2,004円


運用指図者の方の場合 (新たな掛金を拠出していない方)

支払先手数料
事務委託先金融機関 (各社共通)768円
運営管理手数料(口座管理手数料)無料
合計768円




まとめ


これまで当ブログでは、手数料については、楽天証券がやや有利ではあるが、取扱商品、利便性・サービスなどを考慮して、SBI証券をお勧めしてきました。


【関連記事】個人型確定拠出年金(iDeCo)は、口座管理手数料が無料になる金融機関を選べ!徹底比較の結果、超おすすめ金融機関はたったの2社


ただ、熾烈な2強争いによって、両社ともに運営管理手数料(口座管理手数料)が無料になり、今後ともこの競争が続くことで、どちらも甲乙つけがたいサービスを提供してくれることが期待できます。



今後どちらがナンバーワンのiDeCO取扱金融機関になるかわかりませんが、この2社のうちどちらかを選択しておけば「間違いない」のは言うまでもありません。



興味がある方は、ぜひ資料請求から始めてください。

 ・SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)
 ・楽天証券 iDeCo(個人型確定拠出年金)



また、楽天証券では、楽天スーパーポイントで投資信託が購入できたり、100円から投資信託を買えるようになります。iDeCoだけでなく楽天証券口座も開設してみてはいかがでしょうか。楽天銀行と共同で提供するお得なサービスもございます。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。


【関連記事】【楽天証券】楽天スーパーポイントで投資信託が購入可能に。100円で投信が買える時代へ突入



iDeCo関連記事


以下の記事からiDeCoの節税メリットを確認できます。

 ■個人型確定拠出年金で25年間、元本保証商品を積立てると150万円以上節税メリットがあるってホントですか?

 ■バランスファンドのリーサルウェポン「iFree8資産バランス」がSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に登場!

 ■個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ本3選!


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)