積立投資は10年続けよ!為替の乱降下恐れるべからず!S&P500への10年間(日本円)積立リターンの推移から見える真実 「勝率」8割超え

日本-アメリカ


皆さんご存知のように、S&P500やMSCIコクサイは右肩上がりの素晴らしい相場です。

ただ、これに円で投資している私たち日本人にとって、為替リスクがずっとついて回ります。急に円安になったりするともっと円高の時に多く買っておけば良かったと、残念な気持ちになります。ドルコスト平均法(毎月定額積立)ダセーとか思ったりすることもあります。



円で定額積立している私たちは、ドルで積立しているアメリカ人と比較して、どれくらい不利なのでしょうか?未来のことはわからないので、過去どれくらい不利だったのか検証してみようと思います。



ある特定期間を選択してシミュレーションすると、自分にとって都合のよい結果となる期間を選んでしまう恐れがあるので、次のような条件で検証します。


■架空のS&P500に連動するインデックスファンドに10年間積立てる
■1981年~2017年の36年間を評価
10年間(1981年3月~1991年2月)を1区間として、異なる10年間を313区間評価する。1か月ずつずらして、最後は2007年3月~2017年2月で終了

イメージは以下です。

1区間:1981年3月~1991年2月
2区間:1981年4月~1991年3月
3区間:1981年5月~1991年4月

311区間:2007年1月~2016年12月
312区間:2007年2月~2017年1月
313区間:2007年3月~2017年2月

■毎月100ドル or 100円(10年で12000ドル or 12000円)の定額積立です
■ドルでの積立と円での積立を比較します。
■コストなし
■配当無し(リターンが下がる状況での評価をします)


評価の前にS&P500のドル推移、円換算推移、米ドル/円の推移を確認しましょう。(1981年3月を基準として初期値100としました)

SP500円-1981



で、早速ですが、10年積立投資のリターン推移(313区間)の比較結果です。
とても大変な計算で10年かかりました。。。(ごめん、ウソです。10分でした)



冗談はこれくらいにして、結果です。

SP500円-10年積立推移
青字: S&P500ドル投資リターン
オレンジ: S&P500円投資リターン
赤字: 元本

1991年2月の縦軸にプロットされた値は、1区間目1981年3月~1991年2月の10年間の積立のリターンです。



1980年代前半は1ドル200円以上という強烈な円安で、そこから一気に円高が進みました。S&P500も大きく成長していますが、強烈な円高効果のために1991~1995までの円換算リターンはあまりよくありません。



それでも10年間積立てると、大半の期間で30%以上のリターンです。円換算が元本を下回るのは56区間あり、勝率(元本越え)は驚愕の82%です。



負けている期間は2007年後半~2012年に集中しており、世界金融危機(リーマンショックなど)の円高、株安の時期に狼狽売りした人だけが負けていることが読み取れます。



過去の歴史が示しているのは、為替の乱降下を恐れず、ドルコスト平均法でS&P500へ長期積立すればお金持ちになれた。ということです。



結局、負けている人は、世界金融危機の暴落時(円高、株安)に狼狽売りした人だけのようです。



ということで、私は多少の為替の乱降下など気にせず、右肩上がりだと信じられる相場にドルコスト平均法で挑もうと思います。このような検証をしておきながら暴落時の狼狽売りなど断じてないと思います(たぶんw)


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)