投資信託で儲けると、どんな税金がかかるの?

お金投資



株を売却して利益が出た場合や配当金を受け取った場合には税金がかかりますが、投資信託で儲けると、どのような税金がかかるのでしょうか?



1.譲渡益


投資信託を売却した際に元本を上回った部分のことを譲渡益といい、それに対して、20.315%課税されます。なお、年収2000万円以下の人は年間20万円までの譲渡益は非課税となります。

譲渡益



2.分配金


投資信託の運用成果を保有口数に応じて投資家に分配するお金のことで、購入時の基準価額を上回った分配金に対して、20.315%課税されますが、源泉分離課税なので分配金を受け取るときにあらかじめ源泉徴収されています。(毎月定期的に分配金を出す投資信託などは、運用の利益が無くても、資産を取り崩して分配金を支払います。そのぶん基準価額が下がるので、投資信託の価値は低下します)

分配金




3.償還益


投資信託が満期を迎えて、その資産が投資家に変換されることを償還といい、償還時に戻る金額のうち、元本を上回る差額を償還益といい、それに対して、20.315%課税されます。

償還益



確定申告不要の特定口座とは


投資信託の売却、償還によって利益が出た場合は、原則として確定申告して税金を納める必要がありますが、販売会社(ネット証券、銀行など)で「特定口座」を開設すると、販売会社が譲渡損益等を計算し、「年間取引報告書」を作成してくれるので、確定申告の手続き負担を軽減できます



以下SBI証券サイトの口座説明です。
特定口座とは、お客様が簡易に納税申告を行うことができるようにすることを目的として創設された制度が「特定口座制度」です。この「特定口座制度」を利用されますと、お客様ご自身での煩雑な計算作業等をすることなく当社からお送りする譲渡損益等を計算した「年間取引報告書」を用いて簡易に確定申告を行うことができます。また、「特定口座」を開設し、かつ「特定口座源泉徴収選択届出書」をご提出いただきますと、「特定口座」での売買における所得税・住民税を、SBI証券が源泉徴収しお客様に代わって納付することも可能となっております。

SBI証券特定口座
(注)特定口座を開設された場合でも「一般預り」の株式を売却いたしますと、取引報告書等の書類にてご自身で確定申告を行なう必要が生じる場合があります。また、税制改正による課税の特例や優遇措置を適用される場合には、お客様ご自身での確定申告が必要となります。

私はSBI証券で、便利な特定口座(源泉徴収あり)を利用しています。


もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)