たわら先進国株とニッセイ外国株のベンチマーク(MSCIコクサイ円配当込)って同じですよね?でも運用報告書を見比べるとなんか変じゃないですか?

なぞ


昨日の記事で、たわらの設定日を基準に騰落率を算出すると上方乖離が起こることを説明しましたが、まだ、たわらの運用報告書を見ると不思議なところがあります。



実は、設定日以外を基準にしても“たわら”のベンチマークからの乖離は大きくなります。でも、ちょっと変なんですよね。今日はこのことについてお話しようと思います。



たわらの運用報告書の1ページの「当期中の基準価額と市場の推移」から、基準価額とベンチマークの数値を引用して、2016年1月末を基準に乖離を計算すると次のようになります。


日付たわら基準価額騰落率ベンチマーク騰落率乖離
2016年1月末9374-83450812- 
2016年2月末8982-4.18%80030401-4.10%-0.08%
2016年3月末95001.34%847721391.58%-0.24%
2016年4月末94570.89%843014531.02%-0.13%
2016年5月末95601.98%852825762.20%-0.21%
2016年6月末8643-7.80%77181970-7.51%-0.29%
2016年7月末9189-1.97%82041557-1.69%-0.28%
2016年8月末9159-2.29%81884679-1.88%-0.42%
2016年9月末8940-4.63%79979350-4.16%-0.47%



乖離がすごく大きいですよね。はじめて見た時に「えっ」っと思いました。
運用報告書によると、ベントマークの算出は、「米ドルベース指数をもとに委託会社が独自に円換算しています」とあります。



次にニッセイの運用報告書6ページの「当期中の基準価額と市場等の推移」から、基準価額とベンチマークの数値を引用して、たわら同様2016年1月末を基準に乖離を計算すると次のようになります。


日付ニッセイ基準価額騰落率ベンチマーク騰落率乖離
2016年1月末11530-11599- 
2016年2月末11046-4.20%11115-4.17%-0.02%
2016年3月末116821.32%117561.35%-0.04%
2016年4月末116300.87%117000.87%0.00%
2016年5月末117561.96%118261.96%0.00%
2016年6月末10632-7.79%10692-7.82%0.03%
2016年7月末11301-1.99%11367-2.00%0.01%
2016年8月末11263-2.32%11329-2.33%0.01%
2016年9月末10989-4.69%11057-4.67%-0.02%



すごく小さいですね。
運用報告書によると、「ベンチマークはMSCI Inc.が公表するMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)で、設定時を10,000として指数化しています。なお円換算の際には、現地通貨ベースの指数を国内の対顧客電信売買相場の仲値により邦貨換算しています。」とあります。



でも変じゃないですか?



たわらとニッセイの運用報告書を比べると、ベンチマークの数値が違いますね。そこはスルーしてもいいとして、ベンチマークの騰落率が大きく違います。これってあり得るの???



???です。(私の知識不足ですか???)




■ちょっとチェック
「ニッセイの運用報告書のベンチマーク」の騰落率を基準に、たわら、ニッセイの基準価額と「たわらの運用報告書のベンチマーク」の騰落率の乖離を計算すると次のようなグラフになります。

たわら-ニッセイ-運用報告書-ベンチマーク



たわらとニッセイの基準価額は、「ニッセイの運用報告書のベンチマーク」から+/-0.04ていど乖離しています。「たわらの運用報告書のベンチマーク」は、とんでもなく乖離しています。



なんで???同じMSCIコクサイ(円換算、配当込、為替ヘッジなし)でしょ?
誰か教えていただけないでしょうか?私の勘違い?


追記:
たわら男爵さんが運用会社に電話して調べてくれました。
たわらはグロス、ニッセイはネット、iFreeはプライス(たわらの電話対応はクソ)



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)