スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場が荒れているようですが、長期的にはミスターバリューはミスターマーケットに必ず勝つ!?

sekai.jpg


これまで好調であったトランプ相場ですが、11日の次期米大統領の記者会見前後から円高株安が進んでいるようです。また、今後もトランプ氏のツイッターでの発言などにより相場が乱降下することが予想されています。


まさに「ミスターマーケット」は、やんちゃで悪ふざけばかりしています(笑)


何のことかわかります?


チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」では、株式市場の「標準偏差(ボラティリティ)」を「ミスターマーケット」、「成長」を「ミスターバリュー」と称して語っています。


著書によると、ミスターマーケットは精神的に不安定で、感情的な行動をとる。有頂天になったかと思えば、落ち込んで絶望的になる気分屋さんで、彼は何とかして自分の気分に投資家をひ引きずり込み、売買をさせようとする。頻繁に売買させるために激しく価格を変える悪戯好き。


まさに2017年はこんな相場になりそうな予感がしていますね。


一方、ミスターバリューはミスターマーケットに目もくれず、夜も寝ずに財やサービスを生成し、分配を続け実体経済を動かしている。


ミスターマーケットのどんな悪戯もそう長く続かず、長期的にはミスターバリューはミスターマーケットに必ず勝つ!


市場の2人の登場人物を通じて、長期投資家が成功する方法を示したユニークな説明です。


これに基づいて、私たちインデックス投資家はコツコツ投資を続けていきましょう!で締めくくりたいですが・・・・


あいにく、私はちょっと異端のインデックス投資家です。


とは言っても、当然「長期的に株価は右肩上がり」だと信じています。でなければ投資していませんから(笑)


でもね、成長は鈍化しています。これは観測できる事実です。


以下参考の記事です。(リターンのプラスマイナスを見るのが目的ではなく傾向を見ることが目的です)

近年ドルコスト平均法を使ったバイ・アンド・ホールドの効果は急激に衰退している?


だから、長期投資を止めよう!という話ではありません。私は純粋なインデックス投資を合理的な手法だと思っています。


ただ、鈍化しているなら、ちょっと方法をアレンジしようという考えです。


とは言ってもシンプルなもので、皆さんがやっているように相場下落時に追加投資しましょう!それまでに資金を準備しておこう!というのを少し極端にやろうという話です。


一般的に何十年も投資を続けると、大きな暴落に出会う。そのときそれに耐えられるように準備しようと言われています。


ならば自分は低額の積立投資を続け、キャッシュを確保して暴落が来た時に一気に追加投資をしようという考え方です。長期的に暴落が来なければ、リターンは小さいですが、


「死ぬまでにどれだけ資産を増やせるか」というゲームをしているわけではないので自分はこの方法で満足かな、と考えています。(他人の言葉を借りました)


今後もミスターマーケットに振り回されることなく、ミスターバリューを信じて、長期積立を続けていきますが、景気循環は必ずあるので、数年単位の中期的な視点も大事にしたいと思います。


決して相場を当てようという話ではありません。当てれませんし(笑)


株式市場のリターンのトレンドについて小黒とらさんの記事が分かり易いので引用させていただきました。

未来は読めない? それはそれとして来年とその先を占おうと思います


気ままなミスターマーケットはいつの世も相変わらずですが、ミスターバリューの力は低下しているようです。



本の紹介


インデックス投資のバイブル本として有名な「敗者のゲーム」。何度か読み返していますが、読むたびに新たな発見があり面白い本です。





もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。