個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳になったら自動的に振り込まれるんですか?

質問


先日、私の勤め先で地銀の担当者を呼んで個人型確定拠出年金(iDeCo)の説明会が開催されました。そこで、当社の従業員から次のような質問がありました。


1. 個人型確定拠出年金は60歳になったら自動的に振り込まれるんですか?


答えは“No”です。


国民年金などの公的年金と同じように、自分で手続しないと振り込まれません。記録関連運営管理機関(レコードキーパーとも呼ばれる確定拠出年金の運営管理機関で、記録関連業務を行う専門会社)というところに裁定請求書を提出して申請手続きをする必要があります。



2. 個人型確定拠出年金は60歳になったら必ず受け取れるんですか?


これも答えは“No”です。


加入期間が10年以上ならば、60歳から受け取れますが、50歳以上でiDeCoに加入した場合の受給年齢は次のようになります。


必要な通算加入期間受給年齢
10年以上60
8年~10年61
6年~8年62
4年~6年63
2年~4年64
1か月~2年65




3. 60歳になるまでに加入者が亡くなった場合どうなるの?


加入者が亡くなってから5年以内に遺族が記録関連運営管理機関に裁定請求を行い、受給資格が認められると相続人に死亡一時金が支払われます。


死亡日から3年以内に支給が確定した場合
みなし相続財産となり、法定相続人1人あたり500万まで税金が免除されます。


死亡日から3~5年に支給が確定した場合
一時所得となります。(税金の計算方法は国税庁のホームページ参照


死亡日から5年以上に支給が確定した場合
死亡一時金として受け取れず、通常の相続財産として課税されます。



おわりに


iDeCoは運用時の節税メリットが大きく宣伝されていますが、申し込みを検討されている方は、「いつ」、「どうすれば」、「どのような方法」で受け取れるか知っておいた方がよいのではないでしょうか?


iDeCoの受け取り方は、次の記事を参照ください

個人型確定拠出年金(iDeCo)は受け取り方しだいで税金が変わる!って本当?3種類の受け取り方法から最適なものを検討せよ!


iDeCoについて、より詳しく勉強されたい方は次の本が参考になると思います。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ本3選!


SBI証券の資料請求方法は、以下の記事が参考になります。

確定拠出年金ってスゴイ!自分が何に投資しているかさえ知らない友人の年平均利回りは2% (銀行預金の100倍)



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)