スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が世界経済インデックスファンドの積立を止めた3つの理由

道しるべ


皆さんご存知の通り「世界経済インデックスファンド」は、信託1本で世界中の株式/債券に分散投資できる優れた商品で、私が最初に購入した投資信託でもあります。

しかし、2016年5月6日から、以下の3つの理由から、この投信の積立を中断することにしました。



1. 資産配分を大きく変更したくなったから


世界経済インデックスファンドは、世界各国のGDP比率を参考に日本、先進国、新興国に株式50%、債券50%の比率で分散するバランスファンドです。


まず、私の場合、株式比率を上げたくなって、以下の2つの投資信託をプラスしました。

   ・ニッセイ外国株式インデックスファンド
   ・ニッセイTOPIXインデックスファンド

ただ、時とともに、成長が期待できる先進国株式をもっと増やしたい!という思いが強くなり、債券への投資を止めて、先進国株式比率を上げることにしました。


そのために、債券が含まれているバランスファンドの投資を止めて、以下の3つのファンドを5:3:2で積立てることにしました。

   ・ニッセイ外国株式インデックスファンド(5)
   ・ニッセイTOPIXインデックスファンド(3)
   ・野村インデックスファンド・新興国株式(2)


最近では、「iFree NYダウ・インデックス」を積立はじめたので、以前にも増した先進国株式比率が増大しています。また、来月からは、ニッセイ外国株式から、よりパフォーマンスの優れた「たわらノーロード先進国株式」に乗り換えることにしました。


このように、バランスファンドへの積立を止めることで、アセットアロケーションの配分を自由に変更できるようになりました。



2. 債券への投資を止めるため


理由1と少し重複しますが、私の場合、債券への投資は不要だと判断したからです。


債券と株価は逆相関の関係にあり、株価が下落すると債券は上昇。また値動きも小さいことから、ポートフォリオ全体のリスク低下に役立つとされていますが、同じ投資額なら、大きなリターンが期待できる株式100%にして、債券への投資を止めることにしました。


また、リスク許容度は、無リスク資産比率でコントロールできると判断したからです。
現在は、リスク資産40%、無リスク資産60%の比率で資産運用をしながらリスクコントロールをしています。



3. 低コスト商品に乗り換えるため


最後は、低コストファンドが充実してきているため、各資産クラスをバラで購入した方がお得だと判断したからです。
どんどん良いインデックスファンドがリリースされる中で、バランスファンドに投資対象を固定するのは、ちょっと勿体ないかな~というのが個人的な印象です。



結果


この変更の結果を見るために、世界経済インデックスFとニッセイ外国株、ニッセイTOPIX、野村新興国株を5:3:2で組み合わせた場合のパフォーマンスを比較してみました。


比較期間は、私が積立を中断した2016年5月6日~2016年12月21日までのリターンです。

世界経済vs複合ファンド


8月までは、同じような値動きでしたが、そこから徐々に差が開き、最後には8%の差が開きました。最初に1000万円投資していた場合、80万円の差になります。また、下げ相場が来た場合、株式100%の方が下落は大きく成るはずですが、安値買いのチャンスが大きく成ります。


この期間だけで変更が正解だったとは言えませんが、値動きを大きくすることには成功したと思っています。また、今後も戦略的に投資を進める上でも、バランスファンドを止めて正解だったと思います。


当然、各資産クラスをバラで見た方が成績も分かり易いです。
それと、今回のようなグラフを作ると、自分のアセットアロケーションを他のファンドや、他の資産配分と比較できて面白いですね。実はいろいろな気づきがあったりします。



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

No title

私も世界経済インデックスを積み立てています。私も債券の配分が多いとあまり上がらないなと思い、株式シフト型の方を選びました。りあるむえさんは、株式シフトではなく、全く債券を入れない方を選ばれたのですね!勉強させていただきます!

Re: No title

>あきさん

コメントありがとうございます。m(__)m
新しくブログを開始された方ですよね。頑張ってください!

> 私も世界経済インデックスを積み立てています。私も債券の配分が多いとあまり上がらないなと思い、株式シフト型の方を選びました。りあるむえさんは、株式シフトではなく、全く債券を入れない方を選ばれたのですね!勉強させていただきます!


そうですね。債券は不要だと考えました。先進国株(MSCIコクサイ)100%も有りだと思っていますが、今ぐらいの比率がちょうどいいかな~くらいです。なので、分配比率の乖離はあまり気にしません。無リスク資産の割合でリスクコントロールはできていると考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。!(^^)!

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。