積立NISAの恐るべき利回り!元本割れの確率は1割以下?

金カード


皆さんこんにちは。
今日は、2018年1月から導入を予定されている積立NISAについてお話しようと思います。


年間投資上限40万円、積立期間20年ということで、今まで投資をされてきた方にとっては、少し物足りない制度ですが、一般の方からすれば、十分すぎる額ではないでしょうか。


この積立NISAですが、投資対象商品の詳細は未定ですが、長期の積み立て・分散投資に適した投信を想定していることから金融庁が本気で国民の資産形成を支援しようとしていることがわかります。


しかしながら、NISAには、積立期間後(20年後)に元本割れしていると大きなデメリット(*)があります。そこで、元本割れの確率はどれくらいで?期待されるリターンはどれくらいか?考えてみることにします。


(*)NISAのデメリットについてご存じない方は、コチラの過去記事を参照ください。



銀行定期預金


近年、メガバンクの定期預金金利は0.02%と残念なほど低い数字になっていますが、毎年40万円、20年間貯蓄し続けるといくらになるでしょうか?

答えは¥8,015,299円、

約15000円の利息が付きますが、ここから約20%税金で持っていかれるため、元本\8,000,000円プラス\12,000円となります。


ちょっと少ないですね。



積立NISA(ニーサ)を利用した場合


さて、リスク資産に投資した場合は、預金のように単純計算ができません。そこで、確率分布を考えて評価してみることにします。


話を単純にするため、楽天証券でNISA口座を開設して、投資信託1本で世界中に分散投資できる「世界経済インデックスファンド」に投資したとします。

世界経済インデックス


この分配比率の平均リターン、リスクをMyIndexさんの資産配分ツールで計算すると、平均リターン6.5%、リスク14.2%となります。

さて、このような商品(平均リターン6.5%、リスク14.2%)に、毎年40万円を20年間積立て続けるとどうなるか?確率分布を見てみましょう。(乱数を発生させて、この商品の10000通りの値動きに対するリターンの確率分布を求めました。いわゆるモンテカルロシミュレーションです)


積立NISA
(連続複利年率の収益率が正規分布する」ことを前提にしています)


元本割れの確率は9.3%と1割以下です。
1000万円(元本+200万円)以上となる確率は79%という素晴らしい数字でした。もっとも発生する確率の高いリターンは、1120万円とこれも素晴らしい結果ですね。また、確率は低いですが、運がよければ、2000万円を超えることもあるようです。(と言っても起こりえないような値動きなりますが)


NISAなら、この運用益がすべて非課税になります。定期預金では味わえないうまみですよね。


「貯蓄から投資へ」というと、ちょっと怖く感じてしまいますが、国が用意してくれた資産形成制度をうまく利用して老後の備えを作ってみてはいかがでしょうか。


NISA口座は1人1つと決まっているため、口座を開設する金融機関を決めなければいけませんが、次の大手ネット証券会社であれば、紹介した「世界経済インデックスファンド」をNISAでも一般の証券口座でも投資可能です。


 ・SBI証券
 ・楽天証券
 ・マネックス証券


勿論、セゾン投信の「セゾンバンガードグローバルバランスファンド」に積立ててもほぼ同様の結果となります。

 ・セゾン投信


ただ、株式投資は元本保証ではありません。最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。



所感


今回は、銀行預金とNISAを同じ条件(毎年40万円を20年間積立て続ける)で比較してみましたが、結果を見る限り、是非、積立NISAを利用したいと思いました。



以下の関連記事にもう少し詳しく、老後の対策を記述しました。
公的年金減額!それなら積立NISAも個人型確定拠出年金(iDeCo)も必要でしょ!



もし記事がお役に立てば、クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)