「いつ売るか?」多くのインデックス投資ブロガー様から頂いたアドバイスを整理して私の意見を述べます


家族


先日、私が書いた次の2つ記事に対して、多くのインデックス投資ブロガー様からアドバイスを頂きましたので紹介したいと思います。(最後に私の意見を述べます)


・株価が高くなった時にインデックスファンドを売っちゃダメなら、いつ売るの?

・今後も株価上昇して日経平均2万円超えてもインデックスファンド売っちゃダメ?本当?爺さんになってから売るの?


過去記事では「フクリの海外ETF長期投資」さんの記事を引用していますが、フクリさんの記事に対する反論というよりは、大半のインデックス投資ブロガーさんの高値でも売らずにホールドという主張の代表として引用させていただきました。



多くのインデックス投資ブロガー様からのアドバイス


「フクリの海外ETF長期投資」さん

・投資家のためのシンプルで分かりやすい指針」を読んでみましょう。


上記の記事で次のようなアドバイスを示されています。

相場の急激な変化に対して、売買タイミングを読むことは賢い方法なのでしょうか?もしあなたが短期投資を行っている投資家ではないのであれば、相場の急激な変化を絶好の売買のタイミングだと考えるのは得策ではないと思います。




吊られた男さん







Kenzさん



虫とり小僧さん



ちゃりばさん


たわら男さん

ある投信を売却するタイミングは、相場の値動きではなく、

1、自分のポートフォリオにリバランスの必要があるときか
2、ポートフォリオ自体の配分比を変更したときか
3、リスク資産と無リスク資産の配分比を調整するときか




上記で紹介したように、多くのインデックス投資ブロガー様から貴重なアドバイスをいただくことができました。深くお礼申し上げます


少し話は変わりますが、私が最初に「インデックス投資」について学んだ本は「敗者のゲーム」です。


著者は、「第3部個人投資家への助言」で次のように述べています。

相場の先行きに賭けてはいけない。もしあなたが衝動に駆られ、どうしても相場を見ながら売買するというなら、あなたはプロを相手にしていることを自覚すべきだ。



多くのブロガー様と同様に相場を無視して長期バイ・アンド・ホールドを推奨しているようです。




で、私の意見(私のスタンス)


私は預金以上の利益を得るために投資を始めました。要はお金が欲しいからです。


現在35歳、2児の父であり、田舎に両親を持つ長男という立場の自分に大金が必要になる時期は、子供が成人する頃、両親が70歳過ぎた頃。つまり15~20年後くらいを想定しています。


この時、大金が必要になって、投信を全解約、部分解約するとします。で、相場が悪い状況で含み損を抱えていた場合、残念ながら元本割れの解約となります。(今までの努力はなんだったの?預金以下のリターンじゃん、という感じです。)


私がもっとも重要視しているのは、この時期に最大のリターンを得ることです。決して超長期を考慮して最大のパフォーマンスを得ることではありません。


したがって、15年以内に投資額の大部分を解約することを想定しています。(その後のことはもう一度仕切り直して考えるともりです)



で、いつ売るか?


話を単純にするために、日本株式のみを代表として話します。

いつ売るか?

・10~15年以内
・日経平均2万円以上


以前の記事でも述べましたが、25年間という超長期投資をした場合、2万円を超えた期間はたったの「2年ちょっと」です。この先もこのような状況が続けば、日経平均2万円は絶好の売りのチャンスです。


来年、日経平均2万円を超えても当然売却しません。まだ十分なリターンを得ていないからです。10数年後、日経平均2万円を超えた時がチャンスだと考えています。最悪2万円弱でも売却するつもりです。



まとめ


多くのインデックス投資ブロガー様や「インデックス投資のバイブル本」が述べる方法論は、超長期の投資において、誰もが大きなリターンを得る可能性が高い方法だと思います。


この考え方は投資を始めた頃から変わっていません。


でもセオリーは、一般論であって個人の状況を想定していません。


頭の良い人が合理的な方法を唱えています。その人は多くのことを考えたうえで、その方法を選択して、その利点を述べています。


でも、あなたの状況を想定して話してはいません


それをただ真似ているだけでは臨機応変な行動をとれずに、マイナスリターンになることはないでしょうか?


したがって、私は、

ポートフィリオがどうたらとか
アセットアロケーションがああだとか、
リバランスがどうとか

ではなく、自分の状況、想定する出口と相場の状況を見て売却するべきだと考えています。


有名ブロガーさんとあなたの投資出口は同じですか?
出口が違えば方法もアジャストする必要はないでしょうか?



あとがき


私の両親は老後の資金を得るために長期積立を行い、途中で解約して元本割れという失敗をしました。


・申告漏れ、罰金、支払いのため保険中途解約から無職へ


自分は同じことをして家族、両親に負担を掛けたくないので、自分にとってベストな方法を考えて実践したいと思います。



記事がお役にたてばクリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)