日本株式が暴落して怖いのは投資をしているから・・・でも君たちこそw(パート1)

僕も今年で35歳ですが、この年代になると投資などしていなくても仲間うちで話をしていると、株価や為替、お金の話などをする機会が増えてくるように思う。
最近でも会社で同期(同期といっても彼は、僕より先に上の役職に上がっているため、収入は彼のほうが随分多い)と昼食をとっているときに、最近の日経平均暴落についての会話になった。

同期「最近、株安、円高が酷いようだね。」

僕 「そうだねー。このままリーマンショック級の株安、円高に進んだ場合、日本、世界を含めて、それから立ち直る術はあるのかなー。もう金融緩和も通用しないようだし、実態経済が成長しない偽りの好景気じゃ根本的な解決にならないよね。今後世界は、未体験ゾーンに突入しそうだけど・・・」

同期「そうだね。でも、株とかやってる人は大変だよね?キミ大丈夫w

僕 「うん。とりあえず、まだ投資額少ないから問題ないよ。でも、このまま株安、円高が進めば、僕らのボーナスも大分減るよね。それにリーマンショック級ともなると、ましてマイナス金利のダメージもあるし、銀行、保険会社も危ないんじゃないのかな?
銀行も1000万までしか保証もないし、(心の声:あなたは地銀にもっと預けているよね?)それに保証があってもすぐにお金が支払われるとも限らないし、保険会社が潰れれば積立金も吹っ飛ぶんじゃないかな?」

同期「そうだね!でも、株なんてギャンブルでしょ?儲かるやつがいれば、損する人もいるでしょw

僕 「確かに投資にはギャンブルに似た側面もあると思う。でもギャンブルは、全員が出したお金を、勝った人が総取りする。つまり、全体でみると、ほぼ全員が負ける。でも投資は、対象が成長することで、全員が儲かる可能性がある。しかも世界中の企業を援助して、経済成長に協力できるすばらしい仕組みだと思うよ。」

同期「へぇ~。じゃー株価があがればみんなハッピーなの。」

僕 「信用売りとかしてなきゃ、みんなハッピー!キミもボーナスあがってウィンウィンでしょ」

僕 「それに株価が暴落して、株安のときたくさんインデックスファンドを買っておけば、株価があがったときに、でへへぇ( *´艸`)じゃないかな」

なんらかんだいって、お金が大好きな彼は投資に大分興味が沸いているようだった。
僕より収入もかなり多いし、お金大好きなキミにこそ、インデックス投資を進めたいと思うよ。今度、彼に「敗者のゲーム」「ほったらかし投資術」を貸してあげようと思う。


<*投資判断は自己責任でお願いいたします>
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)