スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日銀のETF爆買い」に支えられていて日本の企業は大丈夫ですか?日本株式の長期バイ・アンド・ホールドは?

日銀


先週、日銀の政策決定会合で、ETFを現行の約3.3兆円からほぼ倍増の年間6兆円ペースで買い入れることが発表されましたが、円安は招かれていないようです。


マイナス金利の導入、ETF爆買いと緩和政策を続けてきましたが、そろそろ弾切れみたいですね。


それでも、マイナス金利による副作用は残りますし、日経平均連動型、TOPIX連動型、JPX日経インデックス400連動型のETF爆買によって、いつの間にか日銀は、多くの日本企業の大株主になるほどの株を間接的に保有しています。


そのため、日銀は超安定株主で、業績が悪そうだからすぐに売るということも無く、イギリスのEU離脱投票などで、日経平均が暴落すると、数百億円のETF購入によりマーケットを買い支えています。


自分のような経済素人からすると、こんなに甘やかされていて「日本の企業は資本主義経済を生き抜けますか?」と思ったりします。


そもそも日銀は、ETF購入によって資産運用している分けでなく、日本の株価を買い支えているだけなので、いつかは、購入額の縮小、購入のストップ、売却をする必要あります。


こんなんで日本の企業は大丈夫か?
10年先、20年先株価は右肩上がりだと信じて長期バイ・アンド・ホールドしていて大丈夫か?

こんな疑問(不安)を感じる今日この頃です。



ブログ村のランキングに参加しました。
記事がお役に立てば、下記をクリックしていただければ幸いです。
ブログ村投資信託<==
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。