SBI証券と楽天証券の「個人型確定拠出年金」口座管理手数料比較

カード


これまでSBI証券の一強時代が続いていた個人型確定拠出年金ですが、2017年1月から専業主婦や公務員、それに企業年金のあるサラリーマンも加入対象となったことから、楽天証券でも2016年9月下旬から取り扱いが開始されることになりました。


外部リンク:楽天証券-個人型確定拠出年金


個人型確定拠出年金の金融機関選びで重要になるのは次の2点です。

  ・口座管理手数料
  ・商品ラインナップ


以下で、これら2点について、SBI証券と楽天証券の比較をまとめました。



口座管理手数料比較

確定拠出年金は非課税のメリットは大きいのですが、口座を持っているだけで手数料が発生するため、手数料の安い金融機関を選ぶことが重要となります。

以下手数料の詳細です。

【加入時】

 ・国民年金基金連合会(初期費用):2,777円(各社共通)
 ・手数料…金融機関によって異なる(大半の機関で1000円以下)

【掛金拠出時】

 ・国民年金基金連合会:月額103円(年間1,236円)(各社共通)
 ・事務委託先金融機関:月額64円(年間768円)(各社共通)
 ・月額口座管理手数料…金融機関によって異なる

【給付時】

 ・事務委託先金融機関・・・420円/1回(各社共通)





SBI証券と楽天証券の月額口座管理手数料

楽天証券の月額口座管理手数料は、年金残高10万円未満で210円、10万円以上で0円と、これまで業界最安値であったSBI証券の手数料を大幅に下回る設定です。

年金残高SBI証券楽天証券
0~20万円324円210円
10~50万円324円0円
50万円以上0円0円




SBI証券の無料キャンペーン!


SBI証券は楽天証券の格安口座管理手数料に対抗するために、次のようなキャンペーンを実施しています。(ただ、対抗するには少し弱い印象が・・・)


期間: 2016/9/23(金)~2017/3/31(金)
条件: 新規加入・移換もしくは他社からの運営管理機関変更
内容: 
加入時・移換時手数料 通常 1,080円 ⇒ 無料
月額口座管理手数料  通常金額324円(税込み)⇒キャンペーン適用時 無料




SBI証券と楽天証券の商品比較


SBI証券と楽天証券の最安商品を各資産クラスごとにまとめました。

SBI証券
資産クラスファンド名信託報酬
日本株式ニッセイ-DCニッセイ日経225インデックスファンドA0.2052%以内
先進国株式DCニッセイ外国株式インデックス0.2268%
新興国株式三菱UFJ DC新興国株式インデックスF0.5616%
日本債券三菱UFJ 国内債券インデックスファンド0.13%
先進国債券三井住友・DC外国債券インデックスファンド0.2268%
新興国債券三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド0.5616%
国内REITニッセイ-DCニッセイJ-REITインデックスファンドA0.27% 以内
海外REIT三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.3024%
バランス型・日興-DCインデックスバランス(株式40)0.1944%
定期預金スルガ確定拠出年金スーパー定期1年-



楽天証券
資産クラスファンド名信託報酬
日本株式三井住友・DC日本株式インデックスファンドS0.2052%
先進国株式たわらノーロード 先進国株式0.243%
新興国株式インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式0.594%
日本債券たわらノーロード 国内債券0.162%
先進国債券たわらノーロード先進国債券0.216%
新興国債券インデックスファンド海外新興国債券(1年決算型)0.56%
国内REIT三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.2808%
海外REIT三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.3024%
バランス型セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.72%
定期預金みずほDC定期預金(1年)-




SBI証券と楽天証券ともに個人型確定拠出年金のために低コストインデックスファンドを用意していることから、甲乙つけ難いレベルだと思います。



どちらで口座開設するのか?

私も2017年1月からSBI証券で口座開設を予定していたのですが、楽天証券の口座管理手数料の低さに目移りしている状況です。

したがって、2017年1月時点のサービスを比較してから、どちらで口座開設するか検討しようと考えています。



確定拠出年金口座開設前の準備

楽天証券はSBI証券のように確定拠出年金専用サイトが無く、年金資産などをウェブサイトで確認するためには、楽天証券の総合取引口座を開設する必要があります。

残念ながら、私は楽天証券の口座を持っていないので、これを機に口座を開設して、確定拠出年金に備えようと思います。

また、楽天証券口座を開設して、「マーケットスピード」というソフトをインストールすると無料で日経新聞を閲覧できるのもありがたいサービスです。



楽天証券の口座は以下の公式サイトから無料で開設できます。

 楽天証券


また、楽天証券で口座を開設される方は、同時に楽天銀行に申し込むと数段お得になります
なぜなら楽天証券と楽天銀行が共同で提供する無料口座連携サービスであるマネーブリッジに申し込むことができるからです。

マネーブリッジには次のような特典がございます。

特典1:普通預金金利が5倍にUP
特典2:楽天銀行と楽天証券の間で24時間リアルタイムで入金可能。手数料無料
特典3:ハッピープログラムにエントリーしていれば、楽天証券での取引に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天銀行の口座は以下の公式サイトから無料で開設できます。

 楽天銀行



iDeCoおすすめ本


まずは、確定拠出年金について勉強したいという方は以下の記事を参考にしてください。

 ・個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ本3選!

関連記事

コメント

どちらも迷いますね

とうとう楽天証券も確定拠出年金に進出ですね!
自分は元々、琉球銀行だったのですが、
ラインナップが補強されたSBI証券に変更中であります。

今、密かに嫁様にも確定拠出年金をしてもらおうと
画策中なんですが、楽天の詳細情報が出てから
候補を選ぼうと思ってます。(^_^)

Re: どちらも迷いますね

>かえで君

コメントありがとうございました。

楽天の詳細情報と今後のSBI証券の動向が気になるところですね。各金融機関で切磋琢磨して、もっと良いサービスを提供してほしいと思います。

私も妻の確定拠出年金どうしようかな?悩むところです。

今後ともよろしくお願いします。m(__)m

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)