「機会損失」についてどうお考えですか?というコメントをいただいたので回答します

質問


インデックス投資で億万長者」というブログを運営されているAKIさんから次のようなコメントをいただきました。


期待リターンがプラスのものに投資をしているわけですが、投資をしなかったためにリターンが得られない機会損失についてはどうお考えですか?





回答を述べる前に質問の背景について

私の投資方法は、毎月低額(定額ではなく低額)で以下の3つのファンドを積立てながら、キャッシュを温存して、「大きな下落相場」を待ちながら、スポット購入のタイミングを計っているのですが、AKIさんもこれと類似の方法を実践されているようです。

ただ、「大きな下落相場」でなくても、安値だと判断した場合は買い増ししています。


・ニッセイ外国株式インデックスファンド
・ニッセイTOPIXインデックスファンド
・野村インデックスファンド・新興国株式(新規積立)


AKIさんは、以下の記事をご覧になって、私が自分と類似の投資方法を実践していることを知りコメント下さったようです。


世界経済インデックスファンドの積立を中断して株式3資産に投資することにしました




回答(自分の考え)

キャッシュを温存しながらの少量積立のため、「機会損失」が発生しますが、次の2点の理由からまったく気にしていません。


①実質何も損失しない「機械損失」を気にすること自体ナンセンスだと思います。余剰資金を使って投資して、余剰資金を増やすだけなので、お金が増えなくても生活に支障がないので気にすべきではないかな、と。気楽に考えています。


②投資のリターンを大きくするのは「いかに安い時期に多く買って、高い時期に売るか」だけで、それに適した方法を選択しているつもりなので気にする余地はありません。


「機会損失」を気にしてほしいのは、証券会社や金融機関であって、個人投資家が考える必要はないと思っています。自分の年齢が若く残り投資期間が長いためこのように思うのかもしれませんが。


生活に必要なお金は、賃金収入と節約で確保して、投資は余剰資金を増やす手段という位置づけです。


したがって、投資でお金が増えなかったとしても“問題なし”という考えです。


ただ、いろいろ勉強しながら、楽しんで投資しているので成果を出したいとも思います。
<当然増やしたいですよ(#^^#)>



おわりに

人それぞれ投資に対する考え方や位置づけは違うと思いますが、私の意見がAKIさんや他の読者の方々のお役に立てば幸いです。


ご愛読ありがとうございました。



ブログ村のランキングに参加しました。
記事がお役に立てば、下記をクリックしていただければ幸いです。
ブログ村投資信託<==
関連記事

コメント

No title

この辺は人それぞれの考え方によるところが大きいんでしょうね。

①については、生活に支障がないので気にしないという考え方はありだと思います。
私の場合はアーリーリタイアが目標なので、お金は早く増えれば増えるほど嬉しいです。なので、機会損失は気になります。

②の投資のリターンの話も同じなんですが、私の場合はリターンは率より量に拘っています。
アーリーリタイアをするのはお金の量が必要ですので。

りあるむえさんの投資法は、投資額に対する増加率は高い投資法だと思いますが、総資産に対する増加量だとどうなんだろう?という疑問は出てきますね。

最初に書きましたが、投資に対するスタンスの差のように思います。

Re: No title

>AKIさん

アーリーリタイアを目的として投資されている方は多いみたいですね。

自分はサラリーマンの給料が増えればいいや~くらいの考えなので、あまり参考にならなさそうです(^^;)

おっしゃる通り、大儲けとかは意識していないですね。

一番大事なのは、家族が安心した生活を送れること。これが最優先なので、リスクは低い方が良いと思っています。

その中で自分が最も効率的だと思う方法を選択しているつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)