あなたが投資するなら高値圏にある株式、安値圏にある株式、どちらにしますか?

道しるべ


質問:あなたが投資するならどちらにしますか?


 回答A:大幅に値上がりし何年間も高値圏にある株式
 回答B:大幅に値下がりし何年間も低位にとどまっている株式



これは「敗者のゲーム」第6版、15章で紹介されている問題です。


もし回答Aを選んだ場合、プロのファンドマネージャーの90%と同じだそうです。


しかし、残念ながら回答Aは不正解だと著者は述べています。



正解は

コツコツと投資し続けるなら、本当に有利なのは、株価が大きく値下がりして、低迷をつづけることであり、安い価格でより多くの株数を購入できる回答Bが正解というこのようです。


以下過去記事からの実例です。

 内部リンク:ドルコスト平均法の性質(メリット)



この問題は、株価が上がったときに飛びついて買うな、下がったときに慌てて売るなというアドバイスで、既に多くのインデックス投資家の常識となっているように思います。


が、ここで疑問が発生しますよね



今は高値圏?それとも何年間も低位にとどまっている時期?

どちらか見分けつきますか?
リーマンショック後のように大暴落が起これば確実に安値でしょう。日経平均が2万数千円までいくと、過去の実績から高値圏だといえるでしょうね。


でも、例えば今の日経平均株価、ブレグジット後に下落して、また上昇して16000円台ですが、未来の株価がわからないので高いのか、安いのかよくわからない状況です。


最高値を更新したNYダウはどうでしょうか?高値圏なのか?それとも今後も右肩上がりを続けて今の株価は安値圏なのでしょうか?


私にはよくわかりません。



で、どうするか?

安いか?高いのか?わからないので分散投資で毎月定額を買い続けて、年1回リバランスする。

これも良い方法だと思いますが、私はキャッシュを温存して、少しずつ買っていこうと思っています。

と言っても、基準価格が平均取得価格以下になった場合やブレグジット直後のような下落の際は、そこそこ買いますが。


まだまだ、投資する期間は長いので焦らず、回答Bの大幅に値下がりし何年間も低位にとどまっている時期を待つのも有りかと思っています。


買い続けなければどうにかなる?そんなことは“無い”と思う今日この頃です。



ブログ村のランキングに参加しました。
記事がお役に立てば、下記をクリックしていただければ幸いです。
ブログ村投資信託<==
関連記事

コメント

No title

こんにちは
私もキャッシュを温存してます。
値下がりして低位にとどまっている時期を待つのはありですよね。
私の場合、投資に使える残り時間は気になるのですが、焦ってもしょうがないのでゆっくりチャンスを待つことにします。

Re: No title

>小黒とらさん

焦らず待つもありですよね。

買わないと機会損失が~って考える必要ないと思っています。

はじめまして

はじめまして

高値圏にあるか、安値圏にあるか
つまり株価の位置だけをベースにして
売買の判断材料にしている人もいるんですね

私はこの情報だけではAもBも判断できず
何もしないという選択なりそうです

敗者のゲームも昔 読んだはずでしたが
この話はすっ飛んでいたようです

Re: はじめまして

>消費しないピノキオさん

はじめまして

久々にもう一度読んでみると新たな発見があるかもしれませんね(#^^#)

AでもBでもない、いろいろな意見が聞けるのはうれしい限りです。

お手間でなければ、ご教授いただけると幸いです。




コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)