スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス投資の強さを説明します!

ひらめき


強さを説明すると言っても、既にいろいろなところで示されていると思うので、少し視点を変えてみます。


例えば、最近のブレグジット(イギリスのEU離脱)でスポット購入し過ぎた人、あるいは、もっと買っとけば良かった~という人もいると思います。


それに、ある時は、100万、5万、0万、200万という感じで、気分で積立てる人もいると思います。(いや、ここまでデタラメな人はいないか。(^^;))


でも、こういった人が基本的なドルコスト平均法(毎月定額積立)を実践している人よりどれくらい劣るか見てみようと思います。


ただし、前程は右肩上がり!(良い感じのリターンと程良いリスク)この前程条件ならば、インデックス投資は完成されたスタイルだということを示します。



シミュレーション

まず、投資を始める前に、アセットアロケーションを考えました。
日本株式20%、先進国株式40%、新興国株式15%、日本債券25%

MyIndexさんの資産配分ツールで計算すると、平均リターン5.1%、リスク13.8%です。

4資産に「国際分散投資」しました。
この状態を維持するために毎年「リバランス」していきます。

ドルコスト平均法で積立てる“Aさん”と気分屋というかタイミングを計っているというか、毎回違った額で時間分散する“Bさん”と“Cさん”が以下のように20年間、総額600万円積立したとします。


年数1234567891011121314151617181920
3030303030303030303030303030303030303030
1005010555555552001010515000025
100505520550000130106051009001545

(ドルコスト平均法は計算を簡略化するため、毎月積立ではなく年間積立にしました)


統計学的には誰が有利か確率分布を見てみましょう。
答えは以下の図ですが、少し考えてからご覧ください。





ドルコスト強さ


正解はAさん、Bさんが同時1位で、Cさんは、3位ですがそれほど他の二人と変わりません。

皆さんの予想はどうでしたか?



結論

投資総額が同じで、時間分散間隔もほとんど同じとみなせる場合、毎回の積立額に関わらず、統計学的には、ほぼ同じ結果となる。


したがって、前提条件通り(右肩上がり!良い感じのリターンと程良いリスク)ならば、カチッとドルコストやっても、セオリー無視の気分屋さんでも結果は同じです。


当然、投資総額が大きければ、リターンは大きくなります。
右肩上がりであるならば、インデックス投資は強い!といえる検証結果ではないでしょうか。



補足ですが

右肩上がりの場合は、当然一括投資が有利です。
最初に600万円、その後、毎年ずっと0円が最強です!
最初から19年間0円、最後の年に600万円が最弱です!



ブログ村のランキングに参加しました。
記事がお役に立てば、下記をクリックしていただければ幸いです。
ブログ村投資信託<==
関連記事

コメント

No title

う~ん、それはそうですよ。
Aさんが1年目に投入した30万円は20年運用されます(運用トータル600万円)。2年目に投入した30万円は19年です。これら資金が運用された累計を見ると、
Aさん:6300万円
Bさん:6425万円
Cさん:4920万円
です。圧倒的にCさんが少ない(多額な投入額が後年によりすぎ)。
せめて同じ程度にしてあげないと。記事でもあるように右肩上がりなら最初に600万円投入した人が最強になっちゃいますし。条件を同じ程度にしてあげないと、恣意的な結果を求めるだけになっちゃいますよ。
※NYダウ工業株30種平均 超長期月足チャート(http://baseviews.com/chart/dow-ja.html)を見てると、投入できる資金を限りなく最初から投入した人が勝ち組にしか見えませんし(最近の乱高下の分を除けば)

Re: No title

>煙々さん
コメントありがとうございました。

本検証では、おっしゃる通り、Cさんが圧倒的に不利です。「恣意的」にそうしています。

私が示したいのは、それでも、相場が良い状況ならば「そんなに不利にならないです」というところです。

決まり事みたいに、毎月一定額を大事にしなくても、

タイミングで投資して、間違った(@_@)と悲観する必要もないですよ!と言いたいです。


インデックス投資は、相場の状況が良いことが前程だと思っています。

それならば、セオリーを無視して、いろいろ考えてタイミング投資しても、失敗にならないよ。と主張したいです。

本文にも追加しようかな。(;'∀')

「いろいろ考えてやりたい」と思っている自分への励ましの記事でした。

Re: Re: No title

補足ですが、相場が悪ければ(良いことを祈っていますが)考えずにやると負けると思います。

相場が良ければ、「考えずにセオリー通り」、「考えてゴチャゴチャやる」どっちでも勝てるはずです。

それならば、自分は考えてやりたい。少しでも、考えて経験値がつけば、役に立つと考えています。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。