FC2ブログ

もし40年前に「つみたてNISA」が始まっていれば今頃みんなお金持ちになれたようです。元本割れリスク恐れるに足らずか?!

つみたてNISAは、毎年40万円を上限として一定の投資信託が購入可能で、各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が購入した年から数えて20年間課税されない制度となっており。非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。投資可能期間は2018年~2037年で図にすると以下のようになります。引用元: 金融庁サイト20年の非課税枠が20個あり、なんだか複雑ですが...

続きを読む

【つみたてNISA非課税期間】20年間S&P500に積立投資した結果、元本割れした実績ってあるんですか?答えが分かれば安心してeMAXIS Slim 米国株式を積立られる?!

つみたてNISAを利用されている方は、非課税期間の20年間で元本割れしないか?心配になったことはないでしょうか?「20年後に暴落が来たら、どうなるの?」って心配になったりしますよね。インデックス投資ブロガーの中には、20年間という長期で株価が上昇しているから、積立の終盤に暴落が来ても、短期で見ると大暴落だけど、長期で見ると大した下落でないので大丈夫!と断言される方もいらっしゃるようですが本当でしょうか?S&P5...

続きを読む

Vanguard Total Stock Market ETF【VTI】をベースに毎日、毎月、毎年の積立成績を比較しますが、どの積立頻度が儲かるかではなく、どれが自分に向いているかを考えてください

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)は、本家のVTIの経費0.04%に楽天の取り分0.1296%を上乗せする(年間信託報酬0.1696%)ことで本家と同等のリターンを得ることができる優れた投資信託です。コスト、税金などを考慮すると、本家と比べて不利にならないか気にされる方もいらっしゃるようですが、本家VTIの場合は、毎年の配当金に米国で10%、日本でも20%課税される二重課税となっているため、米国での課税の...

続きを読む

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】とS&P500のリターンを比較するとVTを買いづらくなるのですが、それでも世界分散投資をすべきなのでしょうか?

日本人に大人気のバンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】という世界中の大型株、中型株、小型株に投資できるETFがあります。経費率は0.10%と低コストで、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスへの連動を目指しており、世界全体への分散投資に最適な商品です。下記に示した2018年の構成銘柄を見ると米国企業が上位を占めているのがわかります。実際に国別構成比率を見ると、50%以上が米国で、50%弱をその他の地域で構成...

続きを読む

愚直にバランスファンドを積立続けたブロガーの総資産増加が半端ない

バランスファンドを積立て続ける30代のサラリーマンの方が書かれているブログがあります。毎回のように無リスク資産とリスク資産の額、それと含み益を公開してくださるので、定期的に興味深く拝見しています。普段何気なく見ていたんですが、「彼の資産額の増加って凄くないか???」と気になったので、毎年の年末の記事を確認してみることにしました。2014年から2015年の総資産増加は、約8%2014年から2016年の総資産増加は、約2...

続きを読む

含み損でも心穏やかでいられる「つみたえNISA」は良い制度ですね

はっきり申し上げると私は「含み損」が嫌いです。リスク資産の比率が小さい時は何も感じませんが、資産全体に占めるリスク資産の割合が大きくなって来た頃に長期の「含み損」を経験するのを快く思わない人間です。「長期」「分散」「積立」を基本としている方々からすると、下落相場でのナンピン、大暴落での積立を経て、上昇相場を経験することで、ドルコスト平均法で資産が大きく育つのに、「コイツは何をバカなこと言ってんだ!...

続きを読む

「強気相場の終焉」なんて囁かれ出すと利益があるうちに一般NISA枠で購入した投信を売却したくなります

私は2018年1月から「つみたてNISA」を利用しており、年間120万円、運用期間5年間のNISA制度(本記事では一般NISAとします)は使用していません。ただ、2017年に一般NISA枠で、たわら先進国株IFと楽天全米株式IFを購入しており、多少の利益が出ています。皆さんご存知のようにNISA枠は、利益が非課税として優遇される制度ですが、損失が出ていると課税口座より損になる難しい制度です。詳しくは以下のサイトをご覧ください。【外部...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)