FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

【再】もし私がリバランスをしていなかったら、リターンは下がっていたのですか?上がっていたのですか?答えは。。。

山崎元さん推奨の先進国株6割:日本株4割のポートフォリオで2016年から毎月、ニッセイ外国株とニッセイtopixを積立てされている方から追加の質問がありました。【参考記事】・山崎元氏が推奨する先進国株6割:日本株4割のポートフォリオの効果は?・山崎元氏が推奨する資産配分は良くないのでしょうか?という質問にお答えします■質問内容(要約済):私は年1回、年末にリバランスをしているのですが、パフォーマンス向上に役立っ...

続きを読む

もし私がリバランスをしていなかったら、リターンは下がっていたのですか?上がっていたのですか?答えは。。。

以下に記事を再アップしました。【再】もし私がリバランスをしていなかったら、リターンは下がっていたのですか?上がっていたのですか?答えは。。。...

続きを読む

山崎元氏が推奨する先進国株6割:日本株4割のポートフォリオの効果は?

こんにちは。「りある・むえ」です。今日は、山崎元氏の推奨ポートフォリオについて考察してみます。彼の推奨ポートフォリオは、無リスク資産は個人向け国債で管理し、リスク資産は、先進国株6割:日本株4割で投資するというものです。【参考記事】老後向けの投資は「3種類」で十分な理由方法は簡単で、以下の2つのインデックスファンドを持ち続けるだけ。  ①日本を除く海外先進国の株価に連動するもの  ②TOPIXの株価に連動す...

続きを読む

円高になってきたので「為替ヘッジあり・なし」の外国株式インデックスファンドの組合せ効果を検証しておく

こんにちは。「りある・むえ」です。私は、たわらノーロード先進国株式の為替ヘッジ「なし」を通じて外国株式に積立投資をしています。最近、少し円高になってきたので「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」の商品を組合す効果を検証してみました。たわらノーロード先進国株式には、為替ヘッジあり・なしの商品があり、信託報酬は同じですが、為替予約取引分のコストが発生することに留意ください。(他のファンドも同様です)近...

続きを読む

つみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCo)はどちらがお得ですか?

こんにちは。りある・むえです。最近、私の勤め先でも「つみたてNISA」や「iDeCo」といった国が国民の資産形成のために用意した制度を利用して投資を始めようという方が多いので、どちらがお得か考えてみることにしました。考えると言っても答えは出ており、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の方が税制上お得となっています。ゼニー薄さんが運営されているブログ「投資・節約の鬼!ゼニー薄のマネーセンス倶楽部」でも同様の意見が...

続きを読む

つみたてNISAに移行する前に楽天・全米株インデックスFとたわら先進国株式を現行NISAで購入しました

こんにちは。来年からSBI証券で「現行NISA」から「つみたてNISA」に切り替える予定のインデックス投資ブロガーの「りある・むえ」です。積立予定商品は、  ・たわらノーロード 先進国株式  ・emaxis slim 新興国株式インデックスという組み合わせか、  ・野村つみたて外国株投信の1本に絞るか現在検討中です。まー、それは来年考えるとして、アセットアロケーションの先進国株式比率が目標の60%に到達していなかったので、...

続きを読む

米国株カテゴリーでゼネラルエレクトリック太郎って面白いブロガーを見つけたのでアドバイスしてみる。

こんにちは。ご無沙汰しております「りある・むえ」です。相変わらず投資のことはさっぱり忘れて(インデックス投資は継続中)、趣味に没頭する毎日を送っております。まー、忘れたと言っても定期的に投資ブログをチェックしています。で、以前から愛読していたバフェット太郎氏のブログに、ゼネラルエレクトリック太郎という何とも長ったらしい名前のブロガーが登場したので彼のブログを覗いてみることにしました。で、見てびっく...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県->静岡県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。