ひふみプラスを売却して得たお金で「たわらノーロード先進国株式」を購入しました

以前から米国株式への投資を検討していたレオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」が遂に米国株への投資を開始したことを菟道りんたろう氏のブログで知りました。【外部リンク】ひふみ投信が米国株への投資を開始―運用戦略は新たなステージに突入マザーファンドの純資産が2000億円を超え、流動性の面からこれまでの様な日本の中小型株中心の投資が困難となることから、資金の一部を日本の大型株ではなく、米国株へ投資すること...

続きを読む

最近のドラゴンボールは、誰が悪者かわからんくないか?

(出典: 東映アニメーション)本日のドラゴンボール超【第95話】で、ついにあのフリーザが仲間になった。フリーザと言えば、数多くの悪者を従えて、環境の良い惑星の生命体を絶滅させ、その星を他の異星人に売り飛ばす、最悪、最凶の地上げ屋。ドラゴンボールZ 復活の「F」でフリーザ軍の残党であるソルベによって、ドラゴンボールで生き返るが、また、悟空に倒されて地獄へ逆戻り。もう登場もないかと思ったら。。。「力の大会...

続きを読む

日経平均とS&P500の積立投資のリターン推移を見比べると、積立投資ってステキだと感じるのは私だけですか?

皆さんこんにちは。世界分散長期積立投資を行っている「りある・むえ」です。今日、ツイッターを斜め読みしていたら、「日経ベリタスはコツコツ積立投資が好きだが過去20年間の日本株指数を考えると正気とは思えないので単なる記者の願望として読んでいる。ほったらかし投資も同様。」という呟きを拝見しました。さて、どういう意味でしょうか?2000年以降の日経平均とS&P500の株価推移、参考にドル円の推移を比較してみましょう...

続きを読む

たわらノーロード先進国株式(外国株式)の為替ヘッジあり、なしについてもう少し考えてみた

皆さんこんにちは。たわらノーロード先進国株式の為替ヘッジ「なし」を積立ているインデックス投資家の「りある・むえ」です。【参考記事】たわらノーロード先進国株式を購入するなら、為替ヘッジあり?なし?その理由は?この記事で私は次の3つの理由から為替ヘッジ「なし」を選択していることをお話ししました。 1.為替予約取引のコストを支払いたくない 2.過去の円ベース、ドルベースの積立投資データから為替変動を恐れる必...

続きを読む

最近、世界経済インデックスファンドの純資産総額の増加が他のバランスファンドと比べてハンパないようです

(図は交付目論見書より)ここ最近の世界経済インデックスファンドの勢いは凄まじいものがあります。早速ですが設定来からの純資産総額の推移は次のようになります。(引用元:http://www.smtam.jp/fund/detail/_id_39/)グラフの赤丸で囲った期間(2017年4月19日~6月2日)の純資産総額の増加が右肩上がりというより真上に向かって伸びています。具体的には、2017年4月19日に、240億円だった純資産は6月2日には、353億円に到達し...

続きを読む

日経平均2万円越え。今後インデックス投資家はどうすべきか?改めて考えてみた

今日は、まず1949年、東証再開後からの日経平均株価の推移を見ながら、バブル崩壊後に何度日経平均が2万円を越えたか確認してみます。(引用元:【図解・経済】戦後70年・日経平均株価の推移(2015年6月))バブル崩壊後90年代の日経平均株価は14000円~20000円の間で乱効果を繰り返しますが、2000年4月12日に2万円を越えてからITバブルが崩壊して、7000円台後半まで下落。その後、2007年に18000円台まで回復しますが、世界金融危...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)