S&P500と日経平均の10年間積立投資リターンの推移から「見える真実」とは?

先日は、以下の記事で、S&P500へ日本円で10年間積立投資した場合のリターンの推移を確認しました。■積立投資は10年続けよ!為替の乱降下恐れるべからず!S&P500への10年間(日本円)積立リターンの推移から見える真実 「勝率」8割超え今日は、日経平均に10年間積立投資した場合のリターンの推移はどうなるか確認してみたいと思います。その前に、日経平均の株価推移をご覧ください。引き続き10年間積立投資のリターン推移を確認し...

続きを読む

積立投資は10年続けよ!為替の乱降下恐れるべからず!S&P500への10年間(日本円)積立リターンの推移から見える真実 「勝率」8割超え

皆さんご存知のように、S&P500やMSCIコクサイは右肩上がりの素晴らしい相場です。ただ、これに円で投資している私たち日本人にとって、為替リスクがずっとついて回ります。急に円安になったりするともっと円高の時に多く買っておけば良かったと、残念な気持ちになります。ドルコスト平均法(毎月定額積立)ダセーとか思ったりすることもあります。円で定額積立している私たちは、ドルで積立しているアメリカ人と比較して、どれくら...

続きを読む

【円換算】バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!

前回の記事では、ドルでS&P500に投資し続けたるとクソダサい投資家にならずに済みそうなことを示しましたが、今日は、私たち日本人が、円でS&P500に投資し続けてもイケてる投資家になれるか検証してみました。検証に使用する仮定:①架空のS&P500に連動するインデックスファンドを使用②コストなし(後でリターンの大きさを見ればコスト除外の影響の大きさを評価できます)③配当無し(リターンが下がる状況での評価をします)前回同...

続きを読む

バフェット氏やバフェット太郎氏が推奨するS&P500インデックスファンドに投資し続ければクソダサい投資家にならずに済むのか?!

以下の外部リンクによると、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、バークシャー・ハザウェイの年次総会に先だって「株主への手紙」を公表しました。そこで、高コストなヘッジファンドが低コストな S&P500 インデックスファンドに惨敗していることを指摘して、多額の運用報酬を得ているヘッジファンドを痛烈に批判しています。外部リンク: バフェット氏、米国経済「奇跡的」と評価 株主に書簡また、「敗者のゲーム〈原著...

続きを読む

バランスファンドのリーサルウェポン「iFree8資産バランス」がSBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に登場!

2017年3月10日からSBI証券のiDeCo商品として「iFree 8資産バランス」の取り扱いが開始されました。投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2016でも4位に選ばれた超低コストバランスファンドです。このファンドは、コストが安いだけでなく純資産額はiFreeシリーズトップの20億円(2017年3月現在)で、成績は類似のファンド、eMAXISバランス(8資産均等型)を大きく上回っています。iFree 8資産バランス vs eMAXIS バランス(8資産均等...

続きを読む

理想のアセットアロケーションを追い求めるよりも世界分散して継続すること。そして出口を考える

ネットを見ていると『投資成果はアセットアロケーション(資産配分)で9割決まってしまう!』などと書かれているので、深く悩む方も多いと思います。私もインデックス投資を始めた頃に、理想のアセットアロケーションとは?を考えましたが、答えは出ませんでした。新興国株式はいらいない。外国債券はいらない。いろいろな考えがありますが、答えは誰にもわからないと思います。あなたが投資信託やETFを全部売却するとき、コツコツ...

続きを読む

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界経済インデックスファンドに圧勝か?!

セゾン投信から「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」「セゾン資産形成の達人ファンド」の信託報酬を2017年3月11日より引き下げるという発表がありました。外部リンク: セゾン投信 2 本のファンド 運用管理費用(信託報酬)引き下げのお知らせ(2017/03/10) 上記外部リンクによると、両ファンドともに年率 0.01% の信託報酬引き下げです。下表に示したように競合の世界経済インデックスFと比較すると、セゾン・バ...

続きを読む

個人型確定拠出年金で25年間、元本保証商品を積立てると150万円以上節税メリットがあるってホントですか?

個人型確定拠出年金(iDeCo)には、投資信託だけでなく、元本保証商品があります。例えばSBI証券の場合は、次の3つのような商品があります。引用:SBI証券サイト定期預金を選択するとして、運用益をゼロ(実際は金利により利息が得られます)と仮定しても、25年間積立て続けると、150万円以上の利益が節税により得られるのをご存知ですか? iDeCoの税制メリットを享受できるのは、次の3つの場面です。① 運用時② 拠出時(積立時)③ ...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)