川崎重工株を泣く泣く売却しました

皆さんこんにちは。2016年最後のアップロードは、株での失敗談で締めくくろうと思います。さて、年末のトランプラリーの影響で、インデックスファンドの含み益が15%~20%になり、ウハウハ状態でしたが、含み益じゃ、利益確定「欲」を満たすことができねーじゃねーか!ということで、円安の恩恵を受けやすい個別株として、川崎重工業を12月2日(114円台/ドル)に367円で1000株購入しました。で、直ぐに410円の売り指値を設定。ア...

続きを読む

投資信託は元本保証のない商品だけど(ある意味)安全!って本当?

バリュー投資で有名な弐億貯男さんのブログ、「サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました」で次のような記事を見つけました。 ・お金は銀行預金より証券口座に預けるほうが安全記事からの引用です。銀行預金は銀行が破綻した際に、最悪1000万円までの預金とその利息分までしか保護されません。一方で証券会社が破綻した場合は株式は証券保管振替機構で管理されているため保護されていますし、証券会社に預けている...

続きを読む

アセットアロケーションに新興国株式が不要かどうか?真剣に考えてみました!

アセットアロケーションのリスク低下のために世界分散投資を行うべき!という考え方がありますが、リスクが高く、リターンが乏しい新興国株式をポートフォリオから削除される方もいらっしゃいます。先に結論を述べると、今後も私は新興国株式に投資しようと思っています。今日はそう考えた理由を説明していこうと思います。相互リンク先の「81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える」ブログの“ゆ~てい”さんが次のような記事...

続きを読む

個人型確定拠出年金(iDeCo)のおすすめ本3選!

2017年1月より専業主婦や公務員の方も「個人型確定拠出年金(iDeCo)」に加入できることになりました。この制度は、国が老後資金を確保するために用意したもので、節税メリットが大きく山崎元さんが「ほぼ確実に儲かる」と説明されるお得な制度です。iDeCoを始めたいけど、投資ってちょっと怖い、どうやって始めればいいかわらない!節税メリットについて詳しく知りたい!という方のために、特徴の異なるおすすめ本を3冊にまとめて...

続きを読む

証券会社徹底比較!積立投資をしたいけど、どこで何を買えばいいか?と同僚から質問されて

「投資信託を積立てたいけど、手数料が一番安い証券会社はどこ?何を買えば一番儲かる?」と昼食時に同僚から質問されました。どこで?何を?と聞かれると全部じゃん。と思って回答に困りますが、積立投資をはじめようと思ったときに、迷うのが証券会社と投資信託の選択だと思います。どちらもいっぱいあり過ぎですからね(笑)と言っても、”おすすめ”と”おすすめでないもの”があるので、少し整理してみました。どこで?何を?に対...

続きを読む

私が世界経済インデックスファンドの積立を止めた3つの理由

皆さんご存知の通り「世界経済インデックスファンド」は、信託1本で世界中の株式/債券に分散投資できる優れた商品で、私が最初に購入した投資信託でもあります。しかし、2016年5月6日から、以下の3つの理由から、この投信の積立を中断することにしました。1. 資産配分を大きく変更したくなったから世界経済インデックスファンドは、世界各国のGDP比率を参考に日本、先進国、新興国に株式50%、債券50%の比率で分散するバランス...

続きを読む

野村からFunds-i米国株式配当貴族が登場!米国株インデックスファンド戦国時代の到来か?

皆さんこんにちは。今日は、米国株好きにとって、うれしいニュースの紹介です。相互リンク先のバリュートラストさんの以下の記事で、野村アセットマネジメントのFunds-iシリーズに、2017年1月10日付で、米国株式配当貴族指数連動型インデックスファンドが2本追加されることを知りました。 Funds-iに米国株式配当貴族指数連動型インデックスファンド2本が追加さっそくEDINETで確認したところ、“為替ヘッジあり”、“なし”の2本が追加...

続きを読む

児童手当と積立NISAの相性は?なんと80%の確率で〇百万円超え!

皆さんこんにちは。今日は、2018年1月から導入を予定されている積立NISAに、児童手当で支給されるお金を使って、投資信託を毎年積立続けると、どのような結果になるか?検証してみようと思います。児童手当の支給額です。児童手当 支給対象年齢支給額(月)支給額(年) 0歳~3歳未満15000円180000円 3歳~中学生10000円120000円15年間で総額198万円になります。国から支給される大切なお金!株式投資のような危険なものに使...

続きを読む

10月から積立て始めた「iFree NYダウ・インデックス」がトランプ相場の影響で爆上げ!でも今後は・・・

皆さんこんにちは。10月から「iFree NYダウ・インデックス」を積立始めて、アメリカンドリームを夢見る投資家「りある・むえ」です。皆さんご存知のようにトランプ相場の影響で、NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株 30種平均 )は連日のように最高値を更新し続けています。ここで、ちょっと「iFree NYダウ・インデックス」と「たわらノーロード先進国株式」の基準価格の推移を比較したいと思います。(2016年9月8日~2016年12月16日を...

続きを読む

積立NISAの恐るべき利回り!元本割れの確率は1割以下?

皆さんこんにちは。今日は、2018年1月から導入を予定されている積立NISAについてお話しようと思います。年間投資上限40万円、積立期間20年ということで、今まで投資をされてきた方にとっては、少し物足りない制度ですが、一般の方からすれば、十分すぎる額ではないでしょうか。この積立NISAですが、投資対象商品の詳細は未定ですが、長期の積み立て・分散投資に適した投信を想定していることから金融庁が本気で国民の...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

りあるむえ

Author:りあるむえ
Real Muaythai(リアル・ムエタイ)
格闘技が大好きな30代のおじさんです。
2児の父になって投資、節約などに興味を持ち始めました。ブログを通じてお金について語っていきます!

職業:会社員
住所:愛知県
twitter:@MuaythaiReal


follow us in feedly

おすすめ証券会社

超低コストインデックスファンドシリーズ(たわらノーロード、iFree、ニッセイ)を取り扱っていて、地方銀行を含む多くの金融機関から、証券口座へ無料で引き落としが可能な証券会社は、次の2社になります。

SBI証券
楽天証券

積立投資を始めたい方に参考になる証券会社比較記事はコチラ<===

ページランキング(定期リセット)

最新記事

参考ブログ

コメントリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

注意事項

当ブログの情報によって損害又は不利益が生じましても、管理人は一切の責任を負いません。

アクセスカウンター(2016/3/22開始)